食物繊維には中性脂肪を下げる効果があるの?

■食物繊維には中性脂肪を下げる効果がある?

  • 食物繊維を取るだけで中性脂肪を下げることが出来る?
  • 食物繊維にはどんな効果が期待できる?

中性脂肪を下げるためには食生活を改善することが必要と言われています。
薬を使うと体にかかる負担が大きいので緊急の時以外にはあまり使われません。

でもどんな食事をすれば中性脂肪を下げることが出来るのでしょうか?

少し調べてみると、中性脂肪を下げるためには食物繊維が良いという口コミを
見つけることが出来ました。

整腸効果に関しては食物繊維の効果は多くの人が知っていると思います。
でも中性脂肪を下げるためにも食物繊維は効果的なのでしょうか?

食物繊維を取ることで中性脂肪を下げることが出来ならどんな取り方がよくて
他にどんな効果が期待できるのでしょうか。

食物繊維についてちょっと詳しく調べてみます。

■食物繊維と中性脂肪の関係とは?

  • 食物繊維は腸内の余計な脂肪分を体外に排出する
  • 胆汁酸の消化によりコレステロールを下げる効果もある

実際に食物繊維を取ることで中性脂肪を下げることが出来るのでしょうか?
直接的に中性脂肪を下げるのではなく、中性脂肪の材料が少なくなるそうです。

食物繊維には腸内の不要な成分を吸着して体外に排出させる効果があります。
吸着する物質には死亡の原因になる糖質や脂質があります。

この腸内の糖質と脂質を吸着して体外に排出するので脂肪のもととなる成分がなくなり
結果として中性脂肪が少なくなるというわけです。

直接中性脂肪を下げるわけではありませんが、中性脂肪が作られにくい状態にするという
効果が期待できるようです。

それに食物繊維には胆汁酸も吸着する効果があります。
この胆汁酸はコレステロールを分解する働きがあります。

新しい胆汁酸が多く分泌されるようになるのでコレステロールを減らす効果にも期待が
できるようになるのです。

コレステロールも中性脂肪と同様に血管の病気の原因になるものです。
その2つを同時に減らすことが出来るのでとても注目されているというわけです。

■腸内環境を整えることは中性脂肪を下げるためにも良い?

  • 便秘の解消は中性脂肪を下げるために効果的と言われている
  • 水溶性の食物繊維のほうがより効果的

食物繊維には成長効果があることはすでに多くの人がわかっています。
でも中性脂肪を減らすためにも便秘の解消がとても効果的なことは知っていますか?

元々食物繊維は町内にある善玉菌の栄養になるので善玉菌の活動を活発にして
整腸効果を高める働きもあります。

きちんと腸内環境が整っていれば食物繊維が吸着した脂質や糖質をすぐに体外に
排出させることができます。

便秘で腸内に残ってしまってはそこからトラブルが発生してしまうことも。
体に不要なものは体外に出してしまうことが一番です。

それと食物繊維には不溶性と水溶性の2種類があります。
野菜などに含まれているのは不溶性、改装などに含まれているのが水溶性です。

脂質と糖質の吸着は水溶性食物繊維の方が効率的なので中性脂肪を下げる効果に期待して
食物繊維を取る場合は水溶性食物繊維を中心に摂るようにしましょう。

海藻類にも豊富な栄養素が含まれていて中性脂肪を下げる効果以外にコレステロールにも
効果が期待されています。

不溶性食物繊維も色々な効果が期待できるので合わせて食べることがおすすめです。

■サプリを組み合わせると更に効果的

  • 直接中性脂肪を下げる効果がある栄養素をサプリで摂取
  • 続けられる食生活改善が中性脂肪には効果的

食物繊維には中性脂肪を下げるための効果が期待できるのはわかりました。
でも直接中性脂肪を下げることが出来る食物はないのでしょうか?

調べてみると青魚に含まれているEPAやDHAには中性脂肪を減らす効果があるそうです。
これを食べることで中性脂肪を下げることが出来そうです。

ただし青魚を食べ続けるのは難しく、青魚自体が苦手という方もいると思います。
そんな時にはEPAやDHAのサプリメントを利用しましょう。

元々EPAやDHAは中性脂肪を減らす栄養素としてとても注目されています。
その為にサプリとして多くのメーカーから販売がされています。

中にはかなり安く購入できる商品もあるので飲み続けるのに金銭的な負担が少なく
利用しやすい商品もあります。

食生活の改善で食物繊維を意識して取りながらEPAのサプリを使えば中性脂肪を
減らす効果は更に高くなります。

当然青魚を中心とした食生活にすることも中性脂肪を減らすためには効果的ですが
続けられる改善をすることが一番重要になります。

無理なく続けられる食生活にするためにもサプリを上手に利用してください。

食物を食べて中性脂肪を下げるには何を選べばいい?

■食物の中には中性脂肪を下げる栄養素があるって本当?

  • 中性脂肪を下げるために必要な栄養素とは?
  • どんな食物に多く含まれている?

中性脂肪は多くなると血管の病気の原因になります。
その為に健康診断などでも検査項目に入っています。

その数値が高くなってしまった場合は治療が必要になりますが、投薬での治療は
体に掛かる負担も大きいためにあまり行われていません。

実は中性脂肪を減らすことが出来る成分は食物の中に多く含まれていて、治療薬にも
利用されている成分があるそうです。

つまり中性脂肪を下げるためには効果的な食物を食べるように食生活を改善することが
とても高い効果が期待できるのです。

でもどんな栄養素がどんな食物に含まれていて、どれが中性脂肪に効果的なのでしょう?

中性脂肪を下げるために効果的な食物を詳しく調べてみます。

■直接中性脂肪を下げる効果がある食物とは?

  • 青魚に含まれているEPAとDHAに高い効果が期待できる
  • 調理方法によって失われてしまうので注意

中性脂肪を減らすことが出来る栄養素を探してみると青魚に含まれている成分が
効果的なことがわかりました。

それがEPAとDHAです、主に青魚の脂分に含まれています。

イワシや秋刀魚、サバやぶりなどの魚に多く含まれていて、実際にこれらの魚を
中心とした食事に変えると中性脂肪が下がったという報告もあります。

特にEPAは脂質異常症の治療薬の原料としても利用されているほどで、高い効果が
期待できる成分となっています。

でも調理方法によってはせっかくの栄養素がなくなってしまいます。
基本的には魚の油に含まれている成分なので焼き魚の場合は油が落ちてしまいます。

焼く時には衣をつけるなど工夫が必要となるので注意しましょう。

それと直接的に中性脂肪を減らすことが出来ませんが、中性脂肪を下げることを
補助してくれる栄養素も多くあります。

今度はそれらの栄養素が豊富な食物も確認してみましょう。

■中性脂肪を下げる手助けをする食物とは?

  • 抗酸化作用、脂肪の吸収を抑える働きなどは中性脂肪を増やさない
  • 脂肪を素早く体外に排出させることも効果的

直接中性脂肪を減らすのではなく、中性脂肪の原因を取り除いたり素早く脂肪を体外に
排出したりする効果がある食物も多くあります。

例えば大豆に含まれている成分には多くの健康に関する効果が期待されています。
大豆ポリフェノールなどは抗酸化作用が高く、体の中でコレステロールを減らします。

果物、特に柑橘系には血流を改善することが出来る成分が豊富に含まれているので
血液をさらさらにして中性脂肪を血管中に溜めないようにできます。

野菜などに含まれている食物繊維は脂肪を絡めとって体外に排出させる効果あり
中性脂肪を増やす原因を取り除くことができます。

それに海藻類にはフコイダンという血圧上昇をさせない効果が期待できる成分が
多く含まれていて血管へのダメージを軽減させてくれます。

この様に食物の中には多くの栄養素が含まれていて、それらを上手に利用すると
中性脂肪を増やさずに食事が出来るようになります。

結果的に中性脂肪を下げることができるようになるので、これらの食物も上手に
食事に取り入れるようにしましょう。

■食生活の改善と一緒に運動による消費も重要

  • 中性脂肪を下げる効果が期待できる食物中心に食生活を変える
  • 脂肪を燃焼させるために適度な運動も心がける

直接中性脂肪を減らすことが出来る食物、中性脂肪を減らす手助けができる食物など
これらを中心にした食生活にすることは数値を下げるためにはとても重要です。

でも食生活の改善だけでは中性脂肪の数値を下げることは難しい友いわれます。
それは脂肪燃焼のためには運動をすることが重要だからです。

中性脂肪は余分な脂肪が血管に流れてしまったものです。
つまり食事でとった糖質や脂質をきちんと消費することが必要になります。

中性脂肪を貯めないためにきちんと運動をして脂肪を燃焼させることが中性脂肪を
減らすためには必要になります。

そこで筋肉を長く動かし続ける有酸素運動を適度に生活に取り入れましょう。

脂肪燃焼をさせるためには筋肉を動かすことが一番効率的です。
有酸素運動は長時間筋肉を動かし続ける運動なので脂肪燃焼効果はとても高いのです。

具体的には早足のウォーキング、水泳、軽めのジョギングなどが有酸素運動です。
これらを生活に取り入れることで脂肪燃焼効率はかなり高くなります。

当然筋肉を動かすことで脂肪を消費するので適度に筋トレをして筋肉をつけることも
脂肪燃焼のためには効果があるといえます。

ただし筋トレなどの無酸素運動では脂肪燃焼効果はほとんどありません。
運動に仕方によって脂肪燃焼効果は違うので注意してください。

どんなレシピで食事を作れば中性脂肪を下げることが出来る?

■薬に頼らずに食事で中性脂肪を下げるためには?

  • 食事だけで中性脂肪を下げることが出来る?
  • 中性脂肪を下げるレシピとは?

会社で健康診断を受けた時に医師から中性脂肪の数値を注意されました。
かなり高くなっているようですぐに下げないと血管の病気になると言われました・・・

色々と説明を聞いてみると確かに薬を使えばすぐに下げることが出来るのですが
当然薬をやめてしまうと元通りになることも多いようです。

そこで薬に頼らずに食事の改善で中性脂肪を下げることを決めました!

食生活の改善は中性脂肪、コレステロールの両方を下げる効果が期待できます。
それに体に掛かる負担もなく、数値が再び上がることも少ないと聞きました。

ただ、どんな食事をすれば中性脂肪を下げることが出来るのかがよく分かりません。
そこで中性脂肪を下げることが出来る料理のレシピを探してみます。

まずはどんな食材が中性脂肪に効果的なのかを確認してみましょう。

■中性脂肪を下げることが出来る食材とは?

  • 直接中性脂肪に働きかけることができる食材とは?
  • 中性脂肪を下げる手助けをする食材とは?

中性脂肪とは簡単に言うと血液中にある余分な脂肪分のことです。
血液の汚れのようなもので多くなりすぎると血管が詰まる原因となります。

中性脂肪が増えることでコレステロールの分泌も多くなるので血管にとっては
かなり大きなダメージが蓄積されることもあります。

この中性脂肪を直接減らすことが出来る栄養素がEPAとDHAです。
これらは青魚に多く含まれている成分として注目されています。

サバ、秋刀魚、イワシ、ブリなどに含まれているのでこれらの魚を中心に食べると
中性脂肪を減らすことが出来ると考えられています。

それに中性脂肪を減らすための手助けをする栄養素もあります。
食物繊維は町内の余分な脂肪を体外に排出する効果があります。

余分な脂肪がなくなれば当然中性脂肪を減らすことができます。

食物繊維の他にも脂肪の燃焼を助けるトマトの成分や中性脂肪抑制効果のある
ポリフェノールなども食事に入れると効果的です。

では実際にこれらの栄養素を効果的に取ることが出来るレシピを探してみます。

■中性脂肪を下げることが出来るレシピとは?

  • 魚中心のレシピにすると中性脂肪を下げられる
  • きのこ、野菜、お茶なども効果的

トマトには抗酸化作用が来た出来るリコピンなども豊富に含まれています。
これと青魚を合わせたレシピなら中性脂肪にもかなりの効果が期待できます。

魚に含まれるEPAとDHAは殆どが油に含まれているので焼き魚にすると
せっかくの栄養素が流れだしてしまいます。

そこでトマトと一緒に煮込む鯖のトマト煮などが中性脂肪に効果的です。

青魚のアレンジとしてはイワシのチーズ焼きサバのパン粉焼きなど魚をコーティングして
焼くと脂が流れ出さないのでおすすめ。

中性脂肪を下げる手助けをする栄養素を多く含んでいる野菜やお茶、きのこ類なども
上手にレシピに取り入れると更に効果が期待できます。

お茶の場合は食事と一緒に飲むことで脂肪の吸収を抑えることが出来る烏龍茶も
良いのですがお茶をご飯と一緒に炊く茶飯などもおすすめです。

最近ではレシピ検索専門サイトなども充実しているので中性脂肪を減らすための
レシピを検索してみるのもいいと思います。

■サプリと運動も効果的に利用する

  • 食事だけで栄養補給が厳しいならサプリもおすすめ
  • 運動をして脂肪を燃焼させることも重要

食事を改善することで余分な脂肪の吸収を抑えて中性脂肪を減らすことが出来る
というのはわかりました。

でも中性脂肪を減らすための食事を長く続けることはちょっと大変そうです。

特に中性脂肪を下げるためには長く続けることが重要ですが、青魚を食べ続けるのは
流石に大変です。

そこで青魚の成分をサプリメントで取るという方法もおすすめします。
サプリなら手軽に必要な栄養素だけを取ることが出来るようになります。

最近ではEPAとDHAのサプリメントもかなり多くのメーカーから販売があります。
その中から自分にあった商品を選ぶことができるようになっています。

それに脂肪を燃焼させるためには有酸素運動も効果的です。

中性脂肪は余分な脂肪なので、食事でとった脂肪分をしっかりと運動して
エネルギーに変えることで中性脂肪を減らすことができます。

脂肪を燃焼させるためには有酸素運動が効果的で、水泳や速めのウォーキングなどが
おすすめです。

中性脂肪を減らす栄養素と運動を組み合わせることで自然に中性脂肪を減らすことが
できるようになるはずです。

お酒を飲んでいると中性脂肪を下げることが出来ない?

■中性脂肪を下げるためにはお酒を飲んではいけない?

  • アルコールには中性脂肪を上げる効果がある?
  • 中性脂肪を下げることが出来るお酒はある?

健康診断では肝臓の数値なども医師に注意される事が多くあります。
肝臓への負担は多くの体のトラブルの原因になるからです。

それと一緒に中性脂肪やコレステロールの数値についても注意をされることが多く
その関係性にも最近では注目が集まっています。

特に中性脂肪が多くなるとコレステロールを分泌しやすくなり、アルコールの
摂取量が多くなると中性脂肪も多くなると言われています。

本当にお酒を飲んでしまうと中性脂肪を下げることは出来ないのでしょうか?

お酒は体に悪い効果しかない、というわけではないと思うのですが・・・
そこでアルコールと中性脂肪の関係について詳しく調べてみました。

まずはお酒を呑むことで中性脂肪が増えるのかを確認してみます。

■お酒にはカロリーがある?無い?

  • 蒸留酒にはほとんどカロリーがない
  • アルコールを分解している時には脂肪の分解ができない

まずはアルコールが体内に入っている時に中性脂肪とはどんな関係になるのか。
アルコール分解と中性脂肪の関係について確認してみます。

基本的にアルコールにはカロリーがないと言われていますが、それは本当でしょうか?

実際にほとんどカロリーのないお酒もあります。
蒸留酒にはほぼカロリーがありません。

ウィスキー、焼酎、ウォッカ、ラム、バーボンなどの蒸留酒にはカロリーはほとんど無く
飲んでも脂肪に変わるような糖質が体内に吸収されません。

ただしこれらのお酒に果実や糖分を入れて作ったお酒には当然カロリーがあります。
更に元々糖質が多いお酒も多くあります。

ビール、日本酒、ワインなどの醸造酒にはカロリーが多く含まれている場合が多く
これらを大量に飲むことで脂肪がつきやすくなります。

それにアルコールが体内に入ると肝臓はそのアルコールを分解するためにほとんどの
機能を使ってしまいます。

その為に脂肪を分解することができなくなり、アルコールと一緒に食べた食物は
そのほとんどが死亡になってしまうのです。

アルコールが完全に分解されるまでは少なくても4時間以上が必要で、大量に飲めば
当然それ以上の時間がかかることになります。

この間に食べたものは多くが脂肪としてからだのに溜まってしまうのです。

■お酒は中性脂肪に関しては悪いことしか無い?

  • 適量のアルコールなら体を温めて脂肪燃焼効果をあげる
  • ポリフェノールの多いお酒には中性脂肪を減らす効果も期待できる

アルコールには中性脂肪を揚げるための要素が多くあることがわかりました。
でも本当にお酒には中性脂肪に悪いことしか無いのでしょうか?

実は脂肪燃焼をさせるためには体が温まっている方が良いと言われています。
そのために適量のお酒を飲むことで体を温めることは脂肪燃焼効果を上げてくれます。

飲み過ぎると当然体に多くの負担がかかりますが、元々適量のアルコールは
体には良い効果が期待できるとも言われています。

軽い晩酌程度のお酒なら十分に健康的な効果が期待できると思います。

それにワインは醸造酒なのでカロリーがあるのですが、赤ワインには豊富な
ポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールには中性脂肪を下げる効果が期待できるので、適量の赤ワインなら
中性脂肪にも効果が期待できるとも言われています。

確かにお酒を呑むことは体に掛かる負担も大きいのですが、適量を飲むことでは
それなりに体にいい効果を期待することも出来るのです。

ただし飲むお酒の量と種類には十分に気をつける必要がありそうです。

■休肝日と適度な運動をすることで脂肪燃焼を手助けする

  • 肝臓を休める日を作ると効果的
  • 運動で脂肪燃焼をすると肝臓の負担も減る

アルコールの分解をする、脂肪燃焼を手助けするなど肝臓には多くの働きがあり
それを常に行っていては負担が大きくなりすぎます。

そこで適度なアルコール量にする以外にも肝臓をきちんと休める日を作ることが
結果的に中性脂肪を下げることにもつながります。

肝臓の機能を正常に働かせるためにもアルコールの分解をさせない日、つまり休肝日を
作ると効果的と言われています。

また肝臓の機能をサポートするために脂肪燃焼は運動ですることが重要です。

長時間の有酸素運動は体内の脂肪を大きく燃焼させることができます。
当然中性脂肪を減らすためにもかなりの効果が期待できます。

激しい筋トレではなく早足程度のウォーキングや水泳などゆっくりと長時間の
運動が出来る方が脂肪燃焼効果が高くなります。

お酒と上手に付き合うことが中性脂肪を減らすことにもなるのです。

サバ缶を食べると中性脂肪を下げることが出来るって本当?

■サバ缶には中性脂肪を下げる効果があるの?

  • サバ缶を使った料理は中性脂肪に効果的?
  • サバ缶以外でも効果はある?

健康診断で中性脂肪を医者から注意された方は多いと思います。
実は私も最近の健康診断でメタボ予備軍と言われました。

デスクワーク中心なので運動することも少なく、食事はあまり気にせずにしていました。
すると中性脂肪の数値がかなり高くなってしまいました・・・

このままでは血管の病気になりやすくなる、と言われたので色々と中性脂肪を
下げるための情報を集めてみました。

すると口コミの中には「サバ缶を食べていたら中性脂肪が減った」という書き込みが。

サバ缶なら手軽に購入できてそれほど料金も高くありません。
でもそんな手軽なサバ缶を食べるだけで中性脂肪を下げることが出来るのでしょうか?

それに効果があるのはその人だけではなく、私にもあるのでしょうか?
またサバ缶以外の缶詰でも同じような効果が期待できるのでしょうか?

中性脂肪の下げ方を改めて調べてみます。

■どうしてサバ缶が中性脂肪に効く?

  • サバにはEPAやDHAが豊富に含まれている
  • サバ缶は水煮なので栄養素が失われていない

まずサバ缶が中性脂肪を下げる効果が有るのか、について詳しく調べてみます。
これはサバ缶の原材料、サバの栄養素が関係しているようです。

青魚にはEPAとDHAという栄養素が豊富に含まれているのですが、これが
中性脂肪を直接下げる効果があると考えられています。

青魚とはサバはもちろん、秋刀魚やイワシ、ブリなどもその仲間です。
これを食べることで中性脂肪を下げることが出来ると考えられています。

更にサバ缶はサバを水煮にして缶詰にしたものです。
EPAやDHAは魚の油に含まれている栄養素なので焼いてしまうとなくなります。

でも水煮にすることで魚の油をそのまま吸収できるようになるので缶詰は
EPAとDHAを補給するには最適というわけです。

実際にサバ缶の成分表示を見てみると確かにEPAとDHAが豊富に含まれているのが
わかると思います。

ただしその数値は缶詰の中にある汁まで飲んだ場合に摂取できる量だそうです。

それでもかなりの効果的な栄養素がサバ缶に入っていることがわかりました。

■サバ缶を使ったアレンジレシピとは?

  • そのまま食べても飽きるのでアレンジしてみる
  • サバ缶を使ったレシピ本なども参考に

確かにサバ缶にはかなり中性脂肪を減らす効果が期待できるのがわかりました。
でも食べ続けていると飽きてくる、という意見も多く見かけます。

缶詰の種類としてはかなり多いのですが、それでも水煮、塩焼き、トマト煮など
それほどの種類はありません。

そのまま食べて、ネギやわさび醤油でさっぱりとなどのアレンジにも限度があり
飽きるのが早いという方もいました。

ただサバ缶を使ったレシピは一時期ダイエットブームの時にサバ缶が利用されたことも
あったので今でも多く見かけることができます。

サバ缶のパスタ、サバ缶の炊き込みご飯、サバ缶のぶっかけうどんなどのレシピを
紹介しているサバ缶のレシピ本も見かけました。

サバ缶をそのまま食べ続けるのはかなり厳しいと思うので、サバ缶を使う場合は
これらのアレンジレシピも上手に利用する事がおすすめです。

でもいくらアレンジレシピを使ったとしても、それでも食べ続けるのは限度があり
サバ缶だけを食べていても栄養バランスが崩れてしまいます。

そこでサバ缶と一緒にサプリメントの利用も考えてみましょう。

■サプリを使って手軽に栄養補給をしてみる

  • EPAやDHAのサプリは最近とても多くのメーカーが取り扱っている
  • 食事の栄養バランスを摂るためにもサプリは効果的

サプリメントは必要な栄養素のみを体内に入れることができるので今では
多くのメーカーから様々な種類が販売されています。

当然EPAやDHAのサプリメントも多くのメーカーが取り扱っています。

タブレットタイプのサプリメントだけではなくドリンクタイプのものもありました。
かなりの種類から選んで利用することができそうです。

それにサプリメントならEPAやDHAだけではなく食事で取りにくい栄養素も
簡単に補給することが出来るというメリットも有ります。

ただしサプリを利用する場合は栄養素の含有量とコストには十分に注意が必要です。

EPAの必要量は1日300mg程度と言われています。
サプリによってはこれよりも少ない分量しか含まれていないという商品もありました。

それにメーカーによってはかなり料金が高い場合もあります。
効果に期待ができても高すぎる場合は続けることが難しくなってしまいます。

更にドリンクタイプのサプリではEPAやDHAは青魚が原材料になるので独特な
匂いや味がする可能性もあります。

手軽に利用できるサプリメントですが、選ぶ時には色々と注意をして自分にあった
商品を選ぶようにしましょう。

魚には中性脂肪を下げる栄養素が入っている?

■魚に含まれている栄養素には中性脂肪を下げる効果がある?

  • 食事を変えると中性脂肪を下げることが出来る?
  • 効率よく魚の栄養素を取るためには?

年令を重ねることで体には多くのトラブルが発生する可能性が高くなります。
その原因と考えられているのが中性脂肪とコレステロールです。

男性でも脂肪が多くなりすぎることで多くのトラブルの原因となります。
これを予防するために男性にもダイエットが注目されるようになりました。

また中性脂肪はコレステロールを増やす原因ともなります。
その為に健康診断では中性脂肪の数値にもかなりの方が注目するようになりました。

そんな中性脂肪を減らすためにはやはり食生活の改善が効果的なのですが
そう簡単には食生活の改善をすることは難しいと思います。

ただ中性脂肪には効果的に下げることが出来る食材も多くあります。
その1つが魚です。

特に青魚に含まれている成分は特設的に中性脂肪を下げる効果が期待できるので
魚中心の食事にすることで効率的に中性脂肪を下げられると考えられています。

でも本当に魚には中性脂肪を下げられる栄養素が含まれているのでしょうか?
またその栄養素を効率よく取るためにはどうすれば良いのでしょうか?

魚と中性脂肪の関係について色々と調べてみます。

■魚を食べると中性脂肪を減らすことが出来る?

  • EPAとDHAには中性脂肪を減らす効果がある
  • 焼くと油が落ちてしまうので注意

簡単に調べてみても青魚に含まれているEPAとDHAには中性脂肪を減らす働きがある
といろいろなところで見ることができます。

実際に魚中心の食事に変えたことで中性脂肪の数値をかなり下げることが出来た、という
口コミをみることも出来ました。

確かに食生活を改善すること、特に魚中心の食事にすることで中性脂肪を下げることが
出来るようです。

青魚の種類では鯖、イワシ、秋刀魚、ブリなど種類も豊富でこれらの魚を食べていれば
中性脂肪を下げることは出来そうです。

ただしEPAやDHAが含まれているのは魚の脂の部分です。
つまり焼き魚などにしてしまうと脂が落とされてしまいます。

生食をするのが一番効率よく栄養補給が出来るのですが、それでは飽きてしまいます。
煮魚などにして煮汁も一緒に食べるなどの工夫が必要になりそうです。

■サプリメントの利用もおすすめ

  • EPAとDHAのサプリメントを上手に利用する
  • 続けることが必要なのでコストにも注意

魚料理を続けて食べることはやはり難しいところもあります。
そこでサプリメントも上手に利用するようにしましょう。

最近ではEPAやDHAのサプリメントが多くのメーカーから販売されています。
食事で魚を食べない時にはサプリを飲むようにしましょう。

サプリで栄養補給をする場合ンはカロリーを気にする必要がありません。
必要な栄養素を手軽に補給できるというメリットが有ります。

でもサプリだけで栄養補給をする場合は続けることが重要になります。

特にEPAやDHAは続けて摂取することで効果が実感できるようになります。
続けることが出来るコストの商品を選ぶことも重要なのです。

確かに食事を改善することは中性脂肪を減らすためにはかなり効果的のようです。
でも偏った食事をすることは逆に中性脂肪を増やす原因にもなります。

バランスの良い食事を心がけて、魚を食べることが難しい場合にはサプリメントも
上手に利用しましょう。

■中性脂肪を下げるためには運動も重要

  • 脂肪を燃焼させるには運動が必要
  • 適度な筋トレと有酸素運動で脂肪を減らす

食生活の改善と同時に運動による脂肪燃焼をすることが効果的です。
特に有酸素運動は中性脂肪を減らすためにもかなり効果が期待できます。

食事でとった糖質や脂質はそのままでは脂肪に変わってしまいます。
脂肪とは元々は体を動かすために必要なエネルギーになるものです。

そこで食事で栄養補給をしたらその栄養素をきちんと運動で消費すれば余分な脂肪に
変わることがなくなるというわけです。

脂肪を効率よく燃焼させるためには筋肉が必要です。
筋肉を動かすことで脂肪がエネルギーになって消費されるようになります。

その為に適度に筋トレをして筋肉をつけて、脂肪燃焼させやすい有酸素運動をすると
効率よく脂肪を減らすことができます。

青魚の栄養素EPAとDHAを食事やサプリで効率よく取って、きちんと運動をすると
中性脂肪をきちんと減らすことが出来るようになります。

次の健康診断までに中性脂肪を下げたいと持っている方には魚中心の食事と
適度な運動をすることをおすすめします。

コレステロールや中性脂肪を下げるためには食事が重要?

■どんな食事をすれば中性脂肪とコレステロールを下げることが出来る?

  • コレステロールと中性脂肪が高くなる原因は食事?
  • 食生活の改善で数値を下げることが出来る?

成人病の中でも血管に関するトラブルが原因の病気は直接生死に関わるために
予防がとても重要になります。

最近ではメタボリック症候群など医療関係でも中性脂肪やコレステロールに関する
注意をすることが多くなりました。

でも中性脂肪やコレステロールを下げるためにはどうすれば良いのでしょうか?

一番の原因と考えられているのは食事ですが、どんな食事がコレステロールや
中性脂肪を増やしてしまうのでしょうか。

また食生活を改善することで中性脂肪やコレステロールを両方共下げることが
できるようになるのでしょうか。

食事とこれらの体のトラブルにはどのような関係があるのか、またその解消方法は
どんなものがあるのかを詳しく調べてみました。

■食事で糖質や脂質を摂り過ぎるとそれが多くのトラブルの原因になる?

  • 糖質や脂質は体を動かすエネルギーになるので食事で取る必要がある
  • 摂り過ぎるとそれが全て脂肪になり、コレステロールを発生させる原因になる

中性脂肪の原因となるのは食事の時に吸収される糖質と脂質です。
これが体の中でエネルギーとして消費されないと脂肪になります。

その脂肪が血液中に流れているのが中性脂肪です。
つまり余分な糖質と脂質は中性脂肪の原因となるのです。

しかも中性脂肪が血液中に多くなることでコレステロールの分泌が多くなります。
中性脂肪が増えてしまうとコレステロールも多くなってしまうのです。

脂肪は元々体を動かすエネルギーなので食事できちんと摂る必要があります。
でも摂り過ぎることで余分な脂肪となって体に悪影響を与えることになります。

またコレステロールも細胞壁を作るためには必要な物質ですが、これが血液中に
多くなると動脈硬化の原因になってしまいます。

コレステロールや中性脂肪を減らすためには食事をしっかりと考えることが
とても重要な事がわかりました。

では実際にどんな食事をすれば中性脂肪とコレステロールを上手にコントロール出来る
食事となるのでしょうか?

■中性脂肪を直接減らす食材を食べる

  • 中性脂肪やコレステロールを減らすことが出来る食材を選ぶ
  • 飽和脂肪酸を含む食材を極力減らす

中性脂肪やコレステロールを減らすためにはきちんと食材を選ぶことが重要です。
食材の中には直接コレステロールや中性脂肪を減らすことが出来るものもあるのです。

中性脂肪を減らすために効果的なのがEPAとDHAで、これらは青魚に多く含まれている
食材と言われています。

鯖、アジ、秋刀魚、イワシ、ハマチ、ブリなどの魚に多く含まれています。
これらを選んで食べることで中性脂肪を減らす効果に期待が出来るようになります。

コレステロールを減らすためには大豆製品が効果的と言われています。
豆腐や豆乳、納豆などが効果的と考えられています。

特に納豆には大豆タンパクの他にナットウキナーゼという成分も含まれていてこれが
コレステロールを下げるために効果的と言われています。

この様に食材の中には中性脂肪やコレステロールを直接下げてくれる成分を含んでいます。
できればこれらを選んで食べるようにするととても効果が期待できるようです。

■運動も重要、サプリも上手に使うと便利

  • 食生活と同様に運動による脂肪燃焼も必要
  • 必要な栄養素を選んで取れるサプリの利用もおすすめ

食生活を改善することで中性脂肪とコレステロールを減らすことが出来るのはわかります。
でもそれだけではなく運動をして脂肪燃焼することもとても重要になります。

食事で必要なエネルギーを取る、摂り過ぎてもきちんと運動をすれば余分な脂肪にならず
体のトラブルを防ぐことが出来るようになります。

特に中性脂肪の燃焼には酸素を取り入れながら行う有酸素運動が効果的です。

ハードな運動をしても筋肉をつけるだけで脂肪の燃焼効果は大きくありません。
脂肪を燃焼させるためには長時間続けることが出来る運動をするほうが効率的です。

軽いジョギング、水泳、早足のウォーキングなどが脂肪燃焼効果が高いと言われています。
食事の改善と同時に運動をすることも生活の中に取り入れましょう。

それと食事改善が難しい場合にはサプリメントの利用もおすすめです。

サプリなら必要な栄養素を選んで飲むことができるので余計なカロリーなどを
計算する必要がなくなります。

手軽に飲めるので続けることも簡単、食事で足りない栄養素をきちんと補給するためにも
サプリメントの利用がおすすめです。

食事と運動をきちんとすることでコレステロールと中性脂肪を下げましょう。

お茶を使って中性脂肪とコレステロールを下げることができる?

■お茶を飲むとコレステロールと中性脂肪を下げることが出来る?

  • ダイエット効果のあるお茶は中性脂肪に効く?
  • お茶を飲むとコレステロールが下がる?

40代を過ぎるとお腹の脂肪が取れにくくなります。
その為に色々な体のトラブルを引き起こす原因が増えてしまうという場合も・・・

健康診断などでコレステロールや中性脂肪の数値を医師から注意される方も
多くいるのではないでしょうか?

私もこの間の健康診断でコレステロールの数値が高いと注意されました。
そこで家庭でも簡単にできる対策を調べてみました。

様々な方法が紹介されていましたが私が気になったのがお茶を飲むことで中性脂肪と
コレステロールがコントロールできるという口コミです。

実際にお茶の中には色々な効果を引き出す成分が豊富に含まれていて、ダイエットにも
効果的と紹介されていました。

お茶には本当にそんな効果があるのでしょうか?

色々なお茶についてその効果を確認してみました。

■中性脂肪を下げることが出来るお茶の種類とは?

  • 中国茶には中性脂肪を下げる効果が期待できるものが多い
  • 短期間に効果が実感できるものは少ないので続けることが重要

まずは中性脂肪を下げることが出来る、と言われているお茶を確認してみます。
調べてみると中国茶の中には中性脂肪に効果的なものが多くありました。

ウーロン茶には脂肪を分解するウーロン茶ポリフェノールが豊富に含まれています。
食事の脂肪吸収を抑える効果に期待ができます。

プーアル茶にも脂肪を体内に吸収させにくくする効果があります。
それに脂肪分解酵素を分泌しやすくする効果にも期待がされています。

杜仲茶にはゲニポシド酸という成分が含まれていて血中の糖質を下げる効果が
期待されています。

他にもギャバというアミノ酸を多く含んでいるギャバ茶にはコレステロールの増加を
抑える働きが期待されています。

ルイボス茶には血中の活性酸素の増加を防いで中性脂肪を増やさないようにする
働きに期待ができると言われています。

この様にお茶の中には中性脂肪に効果的なものも多くあることがわかります。
ただし西洋の薬のように飲んですぐに効果が実感できるというものは少ないです。

飲み続けることで体質改善をする、そして他の食事と組み合わせることで効果を発揮する
という場合が多いので角の期待をするのではなく続けることを心がけましょう。

■コレステロールを下げることが出来るお茶は?

  • 緑茶に含まれるカテキンはコレステロールに効果的
  • 紅茶にも多くのポリフェノールが含まれている

次にコレステロールを減らすことが出来るお茶を探してみました。
するとコレステロールを下げるためには日本の緑茶が効果的と考えられていました。

緑茶には多くのカテキンが含まれています。
カテキンは血中コレステロールの減少に効果的と考えられています。

また緑茶の中でも煎茶に一番多くのカテキンが含まれることもわかっています。
ほうじ茶や抹茶に比べてもかなり多くのカテキンを吸収できるのが煎茶なのです。

緑茶の他にも紅茶には多くのポリフェノールが含まれています。
このポリフェノールもコレステロールを下げるためには効果的と言われています。

ただし紅茶や緑茶にはカフェインが含まれているので、こちらが気になる方は
ルイボス茶を利用することもおすすめです。

豊富なミネラル分は中性脂肪だけではなくコレステロールにも効果的と言われています。
カフェインがない分だけ体に優しく、飲み続けることが出来ると思います。

■中性脂肪やコレステロールには飲み物を選ぶことが重要

  • 食事の時の飲みの藻を選ぶだけでも下げる効果には期待ができる
  • 劇的に下がるお茶はないので過度の期待は禁物

中性脂肪を下げるためには食事の時に摂取する脂肪の量を減らすことが重要です。
その為に食事の糖質や脂質の吸収を抑えるお茶はかなり効果的です。

当然コレステロールにも同じような事が言えるので食事の時に飲み物を選ぶことは
とても重要と言われています。

特にポリフェノールはお茶の他にも赤ワインなどにも豊富に含まれています。
食事の時に一緒に飲むことで高い効果が期待できる飲み物の1つでもあります。

ただしお茶を飲んだからといってすぐに中性脂肪やコレステロールが下がるわけではなく
トクホのお茶を飲んでも数値自体はそれほど大きく変わりません。

お茶を使って体への吸収を抑制して、きちんと体内の脂肪を燃焼させることが
中性脂肪とコレステロールの減少に繋がるのです。

お茶を使って余分な脂肪の吸収を抑えたら、きちんと運動をして体内の脂肪をしっかりと
減らすようにしましょう。

コーヒーには中性脂肪を下げる効果が有るって本当?

■コーヒーを飲むと中性脂肪が下がるって本当?

  • コーヒーには中性脂肪を下げる栄養素が含まれている?
  • どんな飲み方が効果的?

食事の後にコーヒーを飲む、という方も多いと思います。

以前はコーヒーには刺激になる物質が多く含まれているのでからだに悪いという
イメージを持つ方も多くいました。

でも最近ではコーヒーに含まれている成分には体に良い影響を与える物が多い
という研究結果が発表されています。

その中には中性脂肪の減少に効果的という意見も・・・

本当にコーヒーを飲むことで中性脂肪を下げることが出来るのでしょうか?
本当ならどんな飲み方をすれば効果的なのでしょうか。

コーヒーを飲むと中性脂肪を下げることが出来るという意見を詳しく確認してみます。

■コーヒーに含まれるポリフェノールが中性脂肪を減少させる

  • クロロゲン酸が脂肪燃焼効果を高める
  • 脂肪肝の予防にも効果的なのがコーヒー

調べてみるとコーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールが大量に含まれていて
これが中性脂肪を減らすために効果的と考えられています。

クロロゲン酸は中性脂肪を細胞に送り込んでエネルギーにする手助けをします。
つまり体内で中性脂肪を消費させる手助けをして中性脂肪を効率よく減らします。

直接中性脂肪に働きかけて脂肪燃焼効率をあげるので体内の中性脂肪を少なくすることが
できるようになるのです。

そしてコーヒーを飲むことで脂肪肝を予防することが出来るという研究成果もあり
肝臓機能の低下を防ぐ働きにも期待ができます。

肝臓機能が正常に働けばインスリンの分泌が正常になり、血液中に中性脂肪が
たまりにくくなります。

この様にコーヒーには中性脂肪を下げるための効果がとても高いと研究でも
効果が実証されているのです。

ただし単純にコーヒーを飲むだけでは高い効果を期待することは難しいので
中性脂肪を下げるために効果的な飲み方をすることも重要です。

■中性脂肪を下げるための効果的なコーヒーの飲み方とは?

  • 砂糖やミルクを使わずにブラックで飲む
  • できれば食後、4時間程度の間を空けて飲む

中性脂肪を燃焼させて体内から減らす効果が期待できるコーヒーなので中性脂肪の
元となる糖質や脂質を一緒に取らないほうがおすすめです。

つまり糖質の砂糖や脂質のミルクなどを使わずにブラックで飲むことが一番効果的な
飲み方といえます。

それとコーヒーはホットで飲むほうがより効果的と言われています。

次にコーヒーを飲むタイミングですができれば食後に飲むことをおすすめします。
それはカフェインに食欲増進効果があるためです。

食前にコーヒーを飲むと食欲が増して食事の量が多くなる可能性も。
それでは余分な糖質や脂質を取ってしまうのでかえって逆効果になってしまいます。

脂肪燃焼効果を高めるので運動する前に飲むというのもおすすめです。

後はカフェインの効果が4時間程度なのでコーヒーを飲むなら4時間毎に飲むほうが
効果が期待できるようになります。

でもコーヒーを飲み続けると依存症や中毒症の危険性もあります。
また大量にカフェインを体内に入れることも体に掛かる負担を増やす事になります。

1日に取るカフェインの目安は400mg程度、コーヒー1杯で70から200mgの
カフェインが含まれているそうです。

効率よく脂肪燃焼をさせるためにはコーヒーの飲み方にも気をつけましょう。

■飲み物を考えると中性脂肪を減らすことができるようになる?

  • お茶に含まれるカテキンなども中性脂肪に効果的
  • ポリフェノールの豊富なワインなども分量を考えれば効果的

コーヒーだけではなく飲み物には中性脂肪に効果的なものが他にもあります。
例えばお茶にはカテキンが多く含まれていますが、これも中性脂肪を減らせます。

実際に血中の中性脂肪が減少したという研究成果も発表されています。
ただしお茶にもカフェインが含まれているのでコーヒーと一緒に飲む場合は注意です。

他にもポリフェノールが含まれている飲み物としてはワインなどが有名です。
皮ごと利用する赤ワインには豊富なプリフェノールが含まれています。

アルコールなので大量に飲んでしまうと肝臓にも負担がかかりますが適量なら
中性脂肪を減らす効果に期待ができると言われています。

適度な運動など直接中性脂肪を減らす効果が期待できる方法もありますが
飲み物を選ぶことも中性脂肪を減らす効果には十分に期待ができそうです。

後は中性脂肪を減らすことが出来る栄養素をサプリメントで取るという方法もあります。
コーヒーなどと合わせて上手に利用すればストレス無く中性脂肪を減らせます。

中性脂肪を下げるためには食事の時に飲み物をきちんと選ぶことをおすすめします。

献立をきちんと考えれば中性脂肪を下げることが出来る?

■食事療法で中性脂肪を下げるにはどんな食事をすればいい?

  • 中性脂肪を下げることが出来る食事とは?
  • おすすめの食材は?

中性脂肪の数値が高くなると色々な体のトラブルが発生します。
特に血管のトラブルが多く、中には命に関わる病気が発生する場合も。

健康診断などで中性脂肪の数値で医師に注意された方も多いと思います。
そんな方にはまず食事療法をおすすめします。

薬を使って中性脂肪の数値を下げることは出来ますが、その場合は肝臓に
大きな負担をかけることもあるのであまりお薦めはできません。

薬を使うのはすぐにでも数値を下げないと危険と判断された時、それまでは
食事療法で中性脂肪を下げるようにしましょう。

でもどんな食事をすれば中性脂肪を下げることが出来るのでしょうか?

中性脂肪に効果的な献立や有効な食材などを詳しく調べてみました。

■中性脂肪を下げることが出来るのはこんな食材

  • 直接的に中性脂肪を下げるのは青魚
  • 野菜などは間接的に中性脂肪を下げることが出来る

まずは食材について考えてみます。
中性脂肪を下げることが出来る食材とはどんなものなのでしょうか?

直接的に中性脂肪を下げる効果が期待されているのがEPAとDHAという栄養素です。
特にEPAは治療薬の成分としても使われるほどの効果が期待されています。

これらは主に青魚に含まれている成分です。
鯖や秋刀魚、イワシなどの魚に多く含まれているのでこれらを使うことがおすすめです。

直接的に中性脂肪を下げる事はできませんが、中性脂肪を溜めないようにすることが
出来る食材も多くあります。

野菜には豊富な栄養素が含まれていますが、特に食物繊維は脂肪を吸着して体外に
排出させる働きがあります。

中性脂肪も体に吸収されること無く体外に排出されれば血管の中にたまらなくなります。
結果的に中性脂肪を減らすことが出来るようになります。

果物の場合はリンゴやブドウに含まれているポリフェノールに血液中の中性脂肪濃度を
上げないようにする効果があることがわかりました。

他にもお茶に含まれるカテキンにも多くの効果が期待されています。

これらの食材を使ったレシピも考えてみましょう。

■中性脂肪を下げることが出来る献立とは?

  • 糖質や脂質を取り過ぎないようにバランスを考える
  • 中性脂肪を下げる食材を効果的に使う

実際に中性脂肪を下げることが出来る献立とはどんなものになるのか、口コミや
専門の料理レシピサイトなどで確認してみましょう。

まずは青魚を使った料理ではイワシのチーズ焼き、秋刀魚のトマト煮などです。

トマトソースは魚に合わせやすくリコピンなどの栄養素も豊富なので中性脂肪を
下げるためにはかなり効果的です。

青魚の臭いが気になる方でも野菜のソースを使うことで臭みを消すことができれば
おいしく食べることが出来ると思います。

豚肉など脂質の多い食材を使う時には脂の吸収を抑えるためにりんごソースなどを
使ってソテーする方法もおすすめです。

お茶はご飯に混ぜて茶飯として食べても良いのですが、食事中にそのまま飲むだけでも
脂肪の吸収を抑えることができるのでおすすめです。

他にもエリンギなど中性脂肪に効果的と言われる食材は多くあり、それらを使った
レシピもネット上でかなり紹介されています。

中性脂肪を下げるためには毎日の食生活の改善がとても効果的です。
献立を考えるのは大変ですが、レシピサイトなども上手に利用してください。

■適度な運動をすることも重要

  • 脂肪を燃焼させるには有酸素運動が効果的
  • 栄養バランスを取るにはサプリメントもおすすめ

中性脂肪を下げるためには食事療法が効果的で、薬を利用するよりもまずは食事の
改善が必要と言われています。

ただし食生活の改善だけでは中性脂肪を正常値に戻すことは難しいのも事実です。

脂肪は体を動かすためのエネルギーになるので完全に排除することができないので
食事だけでは完全にコントロールすることが出来ません。

そこで中性脂肪を燃焼させるような運動をすることが効果的です。
特に酸素を取り入れながらする有酸素運動は脂肪燃焼効率が高いのでおすすめです。

水泳やウォーキングなどの手軽にできる運動でもかなり中性脂肪を減らすためには
効果が期待できます。

それと食事の栄養バランスを整えるのにサプリメントの利用もおすすめです。

足りない栄養素を食材ではなくサプリメントを使って補給することで余計なカロリーを
取らずに栄養だけ補給できます。

食事と運動の両方に気をつけることで中性脂肪はきちんと正常値まで下げることが
出来るようになります。

ただし無理をしてもストレスが溜まって体のトラブルになりやすいので、無理なく
続けることが出来る方法を選びましょう。