脂肪酸を詳しく知ることは中性脂肪を下げることに繋がるの?

■脂肪酸の種類と中性脂肪の関係とは?

  • 中性脂肪が増える原因には脂肪酸が大きく関わっている?
  • 中性脂肪を下げるためにはどんな脂肪酸を取ればいい?

中性脂肪は血管の病気の原因になることが多く、気にしている方も多くいます。
ただその原因となるものにはあまり関心がない方も。

実は中性脂肪になる元となるのは脂肪酸で、これには2種類あるのです。

大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれ、更に不飽和脂肪酸は細かく分類できます。
この油の種類を知っていると中性脂肪にも効果的なのです。

油の種類によって中性脂肪を上げるもの、下げるものに分かれているからです。

中性脂肪を下げる油を選んで食べていれば中性脂肪を気にすることなく食事が
出来るようになります。

では中性脂肪を下げる油の種類とはどんなものなのでしょうか?

■飽和脂肪酸とはどんな油?

  • 動物性の脂や熱帯植物系の油
  • 基本的には中性脂肪やコレステロールを上げる

まずは飽和脂肪酸について調べてみます。
こちらは動物性の脂、牛肉や豚肉などの脂身に含まれている成分です。

他にも熱帯植物の荷重などにも多く含まれている脂肪酸です。
ココナッツオイル、パーム油や椰子油にも含まれています。

牛乳などにも含まれているので乳製品には飽和脂肪酸が含まれています。
バターやラードなどもこちらの脂肪酸が多く含まれています。

飽和脂肪酸は基本的には中性脂肪を増やす脂肪酸です。
過剰に体内に入れてしまうと中性脂肪を作る原因になります。

ただしココナッツオイルにはエネルギーとして燃焼しやすい中鎖脂肪酸が多く
脂肪燃焼効果を高めることができます。

元々中性脂肪は運動エネルギーとして必要な物なので飽和脂肪酸が少ないと
体を動かすためのエネルギーが不足してしまいます。

でも大量に取り入れると中性脂肪が多くなりすぎて血管の病気の原因になります。
摂取するバランスには十分に注意しましょう。

■不飽和脂肪酸は更に多くの種類に分類ができる

  • オメガ3やオメガ6は中性脂肪を減らす効果がある
  • トランス脂肪酸は多くのトラブルの原因になる

不飽和脂肪酸には更に細かな分類があります。
中でも注目したいのはオメガ3と言われる脂肪酸です。

魚の脂身などの含まれている脂肪酸ですがオメガ3には中性脂肪を減らす効果が
期待されています。

実際にオメガ3の成分の1つEPAは脂質異常症の治療薬の原料として使われています。

魚の他にもえごま油、亜麻仁油などもこのオメガ3脂肪酸が多く含まれています。
いま注目の油として多くの方が利用している油でもあります。

同じようにオメガ6とオメガ9という種類があり、これらも体に良い効果が期待できる
と注目される成分です。

オメガ6にはリノール酸が多く含まれていて、べに花油、コーン油、ひまわり油などが
主な油です。

一時期には体にいい油として注目されていましたが、摂り過ぎると善玉コレステロールを
減らしてがんの発生率を高めるということがわかりました。

悪玉コレステロールを減らすためには効果的ですが、摂る分量には注意しましょう。

オメガ9はオレイン酸が多い油でオリーブオイルが有名です。
悪玉コレステロールを減らす効果が高く、入手もしやすい油です。

ただし調理の時に150度以上に加熱してしまうと有害な油になるので調理する時には
加熱をせずに使うほうがおすすめです。

これらは不飽和脂肪酸の中でも体に良い影響をあたえるものですが、もう1つの種類は
体に悪影響を与えるものなので注意が必要です。

それがトランス脂肪酸という油でマーガリンなどの食品精製加工油のことです。

トランス脂肪酸には悪玉コレステロールを増やす効果があるので体内に入れるだけで
多くのトラブルの原因になってしまいます。

できるかぎりトランス脂肪酸が含まれている食品を食べるのは止めましょう。

■いろいろな脂肪酸をきちんと選んで食生活を見直す

  • 脂肪酸の中には中性脂肪を減らす効果が期待出来るものもある
  • 運動と脂肪燃焼効果を上げる油を組み合わせると効果的

脂肪酸の種類はかなり多く、不飽和脂肪酸の中には中性脂肪を減らすことが出来るものも
ありました。

つまり食事の時にしっかりと油も選んで食べることで中性脂肪のコントロールを
することが出来るようになります。

中性脂肪を下げるためには食生活の改善はとても重要ですが、その時に体内に入れる
脂肪酸の種類もきちんと選ぶことでさらに効率を上げることが出来るのです。

それに中性脂肪を下げるためには体内の脂肪を燃焼させることも重要です。
脂肪燃焼効果の高い油を体内に入れて運動をすれば更に効果が高くなります。

食生活の改善と適度な運動をしてきちんと中性脂肪を減らすようにしましょう。

日常生活の習慣を改善すれば中性脂肪を下げることが出来る?

■生活習慣を変えることで中性脂肪って減るの?

  • 中性脂肪が増える原因とは?
  • 生活習慣を変えると中性脂肪を減らせる?

中性脂肪とは血液中を流れている脂肪のことで体にとってはエネルギーになります。
でも中性脂肪が増えすぎてしまうと多くのトラブルが発生してしまうのです。

特に血管の病気の原因がこの中性脂肪とコレステロールで、場合によっては
命に関わる病気になってしまうことも・・・

そんなトラブルの解消をするためにも中性脂肪をきちんとコントロールしたいのですが
それにはどうすれば良いのでしょうか?

中性脂肪の原因はやはり脂肪、そこで食生活を改善することで中性脂肪を減らすことが
できるようになるのでしょうか。

また食生活以外に中性脂肪を減らすことが出来ないのでしょうか。
生活習慣と中性脂肪との関係について詳しく調べてみました。

■中性脂肪が体に溜まる原因とはどんなこと?

  • 糖質や脂質のとりすぎが原因となることが多い
  • 中性脂肪は必要なエネルギーなのでなくすことは出来ない

まず中性脂肪が溜まる原因を調べてみます。
調べてみるとやはり食事などで体に吸収する栄養素が関係しているようです。

脂肪の材料となる糖質と脂質が体内に多く入ることで中性脂肪も多くなり
それが必要以上になると血管などに蓄積されてしまいます。

この血管に溜まった余分な中性脂肪が血管障害症の原因となり多くのトラブルが
発生してしまうようです。

そこで中性脂肪を体に余分に蓄積させないためには食事のバランスを整えることが
とても重要になります。

糖質や脂質を必要以上に取らず、体内への吸収を抑えるような栄養素も一緒に食べると
中性脂肪が多くなりすぎることはありません。

ただ中性脂肪は体を動かすためのエネルギーになります。
完全に死亡を食生活から排除することは体が動かせなくなるので無理です。

食生活は栄養バランスをきちんと考えて、多くの栄養素を取り入れられるように
改善することが結果的に中性脂肪を減らすことになりそうです。

■余分な中性脂肪を減らすためには運動も効果的

  • 脂肪燃焼をさせれば余計な中性脂肪も減らすことが出来る
  • 有酸素運動を長く続けることが効果的

食生活の改善をすることで体に吸収する中性脂肪のコントロールができます。
それと一緒に体内にある中性脂肪を減らすことも考えましょう。

中性脂肪が溜まってしまう原因には食べたエネルギーが消費されず、中性脂肪として
蓄積されてしまうこともあります。

つまりきちんと運動をして食事でとったエネルギーを消費すれば中性脂肪が余分に
体内にたまることがありません。

当然現在体内にある中性脂肪も運動をするためのエネルギーとして利用されるので
中性脂肪の数値を下げるためにも効果的です。

ただし運動なら何でも良い、というわけではなく中性脂肪を減らすために効果的な
運動というものがあります。

脂肪を燃焼させるためには酸素を取り入れながら長時間筋肉を動かすような運動
つまり有酸素運動が効果的です。

具体的には水泳や早足のウォーキング、軽いジョギング等の運動が良いと言われていて
これらを続けることが中性脂肪を減らすために良いそうです。

生活習慣の中に少しずつでもこれらの運動を入れることで中性脂肪を効果的に
減らすことが出来るようになります。

■生活習慣の改善が難しいならサプリメントの利用もおすすめ

  • 食事のバランスをとるためにサプリメントがおすすめ
  • 日常できる運動を心がけるのも効果的

中性脂肪が溜まってしまう原因などを確認してみると、確かに生活習慣の改善は
かなり大きな効果が期待できそうです。

特に食生活を改善することは中性脂肪の原因をコントロールするためにも重要です。
でも簡単にできるものでもありません。

そこで食事の栄養バランスを整えるためにサプリメントの利用もおすすめです。

食事で取りにくい栄養素をサプリメントで補給するとかなりバランスの取れた
食生活をすることが出来るようになります。

それに中性脂肪を直接下げる効果が期待できる栄養素もあります。
これをサプリで補給しても効果は期待できると思います。

それと日常的に出来る運動をすることでも中性脂肪を貯めこまなくなります。
通勤の時に階段を使う、1駅分歩くなどの簡単な運動でも効果が期待できます。

筋トレのような激しい運動はあまり必要ではないのですが、脂肪燃焼のためには
筋肉を動かすことが必要なのである程度の筋トレも取り入れることをおすすめします。

中性脂肪を減らすためにはやはり生活習慣の改善はかなりの効果が期待できます。
まずは手軽にできる方法から初めて、続けて出来ることを探して実践しましょう。

脂肪肝を治すためには中性脂肪を下げることが重要?

■脂肪肝を治すためにはどうすればいい?

  • 脂肪肝とはどんな状況のことを言う?
  • 日常生活の中で脂肪肝を治すことが出来る?

脂肪肝という体の異常を聞いたことがありますか?
その名前のとおりに肝臓が脂肪を多く取り入れてしまっている状態のことです。

元々肝臓には脂肪を分解する働きがあり、中性脂肪を取り込んで分解しています。
でもその肝臓に多くの脂肪がついてしまっている状態のことです。

フォアグラを思い出してもらうとわかりやすいのですが、あれが正に脂肪肝の状態で
脂肪が多くなりすぎると肝臓としての機能にも障害がでてしまいます。

この脂肪肝を治すためにはどうすれば良いのでしょうか?

病院などで治療をする他には治す方法はないのでしょうか?
家庭で治療中に気をつけることなどがあれば知りたいと思います。

脂肪肝と中性脂肪の関係を更に詳しく調べてみました。

■脂肪肝とはどんな状態のことを言う?

  • 肝臓の中に中性脂肪が多く含まれている状態のこと
  • 自覚症状がほとんど無い

まずは脂肪肝とはどのような状態のことを言うのでしょうか?
その名前のとおりに肝臓に脂肪が多く含まれている状態のことです。

元々肝臓には中性脂肪を分解する働きがあり、肝臓に中性脂肪が蓄積されます。
通常では3%くらいが脂肪なのですが脂肪肝になると5%以上が脂肪となります。

脂肪肝になると肝臓の機能が正常に働かなくなります。
つまり中性脂肪の分解などもしにくくなってしまうのです。

特にアルコール分解は肝臓の機能の中でも健康に直接関係するものです。
それができなくなるのは体にも大きな負担になってしまいます。

しかも肝臓はその機能が30%以下になるまでは自覚症状がないと言われています。
つまり脂肪肝になっている自覚症状がほとんどありません。

気がついた時にはかなり症状が進んでいるという場合も多いので健康診断などで
脂肪肝を注意された場合はすぐに対応をするようにしましょう。

では脂肪肝を治すためにはどうすれば良いのでしょうか?
脂肪肝の治療方法についても確認してみます。

■脂肪肝の治療方法とは?

  • 軽度の脂肪肝なら日常生活の中で改善できる
  • 脂肪肝を予防することができる栄養素を食事に取り入れる

中性脂肪を減らす薬はあるのですが、それを利用すると肝臓にかかる負担が大きいので
基本的にはかなり深刻な場合以外には投薬治療を行わないそうです。

それに軽度の脂肪肝なら日常生活の中で十分に改善することができます。

脂肪肝を治すためには脂肪肝になる原因を取り除くこと、余分な脂肪を貯めないことが
重要になります。

脂肪肝の原因は色々と考えられますが多くの方がアルコールのとりすぎから脂肪肝に
なることが多いようです。

それに食事が不摂生でバランスも悪く、余分な糖質や脂質を多くとってしまうと
脂肪肝になりやすいそうです。

まず脂肪肝の改善にはアルコールは厳禁です。
肝臓に負担のかかるアルコールを飲むことは辞めるようにしましょう。

それと中性脂肪の原因となる糖質と脂質をなるべく吸収しないようにすること。
食物繊維を摂ることで体に吸収せずに余分な脂肪を排出できるようになります。

それに貝類に多く含まれているタウリンには血液中のコレステロールを下げる働きが
期待できます。

それと同時に肝臓にある中性脂肪を排出させる働きにも期待が出来るのです。

この様に体に効果的な栄養素を含んでいる食物を積極的に食べることで脂肪肝を
改善することが出来るようになります。

■栄養バランスを摂るためにはサプリの利用もおすすめ

  • 食事で取りにくい栄養素をサプリで補給する
  • 中性脂肪を直接減らす栄養素もサプリで補給出来る

アルコールをやめて食生活の改善をすると脂肪肝の治療になることはわかりました。
でも食生活の改善は簡単にできるものでもありません。

特に必要な栄養素を含んだバランスの良い食事、というのはちょっと難しいです。
そこで手軽に利用できるサプリメントを使うこともおすすめです。

食事だけでは体内に入れにくい栄養素もサプリなら簡単に補給できます。
しかも中性脂肪を直接下げることが出来る栄養素などもサプリで補給できるのです。

タウリンの含まれた食物を積極的に取ることが難しいならサプリで毎日飲む
という方法もオススメできます。

中性脂肪対策には青魚に含まれる成分のEPAやDHAも効果的です。
当然これらも手軽に利用できるサプリメントが販売されています。

脂肪肝はそのままにしてしまうと肝硬変や肝臓がんなどになる場合もあります。
できれば早期に治療をして脂肪肝の解消と予防をするようにしましょう。

中性脂肪と血圧は一緒に下げるのが良い?

■中性脂肪と高血圧にはなにか関係がある?

  • 中性脂肪が高いと血圧も上がりやすくなる?
  • 血圧と中性脂肪を同時に下げることが出来る?

健康診断で中性脂肪が高いと言われた方、血圧にも気をつけていますか?
肥満状態になりやすい方は血圧も高めになると言われています。

血圧が高くなると色々な病気の原因にもなりますが、高血圧と中性脂肪には
何か関係があるのでしょうか?

高血圧の原因の1つに中性脂肪があるのでしょうか?
それならば中性脂肪を下げることで高血圧も治すことが出来るのでしょうか。

また治療方法としては血圧と中性脂肪を同時に下げることが出来るものが
あるのでしょうか・・・

高血圧と中性脂肪の関係について詳しく調べてみました。

■血圧と中性脂肪の関係について

  • 血管の中の圧力が高くなっている状態が高血圧
  • 血管の中で中性脂肪が多くなると血流が悪くなる

まずは高血圧という状態について調べてみました。
高血圧とはその名前の通り、血圧が高くなっている状態が慢性化することです。

基本的に血圧はその時の状態などで上下動するものです。
運動の後など血流が多くなれば当然血圧は高くなります。

この血流が何かしらの原因でいつでも高い状態になっているのが高血圧です。
高血圧が続くと血管にダメージが蓄積して破裂しやすくなります。

この血管の出血が脳内で起きるとクモ膜下出血などかなり危険な病気の原因となります。
そのために血圧は正常値を保つことが重要となるのです。

中性脂肪との関係について考えると、血管の中に中性脂肪が多くなるとそれが
血流の妨げになります。

それに中性脂肪は動脈硬化の原因にもなります。
つまり血流を悪くして血圧を上げる原因になることが多いのが中性脂肪なのです。

動脈硬化が起きればそれだけで血管が破裂する可能性も高くなります。
つまり中性脂肪を下げることで血管障害のリスクを下げることにもなります。

高血圧と中性脂肪にはかなり密接な関係があると考えられます。
そこでやはり中性脂肪と血圧を同時に下げることが重要になるわけです。

では血圧と中性脂肪を下げるためにはどうすれば良いのでしょうか?
そちらも詳しく調べてみます。

■食事の改善で血圧と中性脂肪を下げる

  • 血液をさらさらにする食材を選んで食べる
  • 中性脂肪を減らすことが出できる食材もある

まず血圧が高い状態は血流に圧力がかかっている状態です。
そこで血液をさらさらにして血流をスムーズにすることが血圧を下げてくれます。

中性脂肪の他にもコレステロールが高くなると血液はドロドロになって流れが
とても悪くなってしまいます。

この血液をさらさらにすることで血管にかかる負担を減らすことも出来るようになります。

血液をさらさらにする食材としては野菜や海草類が有名です。
これらを中心とした食事にすることでかなり血圧の改善ができると言われています。

でも中性脂肪も下げることを考えると青魚を食べることをおすすめします。
青魚に含まれているEPAは血液をさらさらにして中性脂肪を下げる効果が期待できます。

青魚には他にもDHAなどの栄養素も豊富に含まれているので血圧と中性脂肪の両方を
下げるためにはかなり有効な食材と考えられます。

これらの食材を中心とした食生活に変えることで血圧と中性脂肪の両方を下げることが
出来るようになります。

ただしあまり厳しく食事制限をすると今度はストレスを感じるようになり、それが
高血圧の原因になります。

あまり無理をせずに続けられる程度で食生活の改善をしましょう。

■運動やサプリメントも上手に活用

  • 運動不足はコレステロールや中性脂肪が溜まる原因
  • 栄養バランスを摂るためにはサプリメントも効果的

適度な運動をすることは健康のためにはかなり有効と考えられています。
確かに運動の直後は血圧が上がっている状態ですがそれは一時的なことです。

それに運動不足になるとコレステロールや中性脂肪が溜まる原因になります。
どちらも血圧をあげることになるので注意しましょう。

特に中性脂肪を下げるためには有酸素運動はかなり効果的です。
水泳やウォーキングなど持続してできる運動がおすすめです。

後は栄養バランスをとるためにサプリメントを利用すること。
必要な栄養素だけを取ることが出来るサプリメントは食事療法には相性がいいです。

青魚が苦手な方でもサプリを使えば簡単にEPAやDHAを取ることができます。
食事の量を増やさずに必要な栄養を取ることも出来るようになります。

血圧が高くなるといろいろな病気の原因となり、それを引き起こす中性脂肪も
多くの体のトラブルのもととなります。

健康のためにはどちらも注意をするようにしましょう。

中性脂肪が高いと健康診断で言われたらどうやって下げる?

■次の健康診断までに中性脂肪を下げたい!

  • 中性脂肪を下げることが出来る?
  • どれ位の期間があれば中性脂肪は下がる?

先日、務めている会社で健康診断がありました。
その中で私は血液検査の結果が引っかかりました。

医師の診断では中止脂肪が高く血管障害の可能性が高くなると言われました。

血管が原因の病気では心筋梗塞や脳梗塞があります。
それになる可能性が高くなると言われました。

その時には薬を使った治療をするほどの数値ではないと言われましたが・・・
放置しておけるほどのものでもないようです。

そこで生活の中で中性脂肪を下げることを考えています。
生活習慣を改善すれば中性脂肪の数値を下げることが出来るとも言われました。

何とか次の健康診断までには中性脂肪の数値を下げたと思います。
どれ位の期間があれば中性脂肪が下がるのか調べてみました。

■食生活を見なおせば中性脂肪を減らすことが出来る?

  • 糖質と脂質は中性脂肪の原因になりやすい
  • 中性脂肪を減らす食材を食べる

中性脂肪が増える原因として一番考えられるのが食事です。
暴飲暴食をすると中性脂肪を増やす原因と言われています。

実際に体の中で脂肪になりやすい糖質と脂質を多く摂ることはそれだけ中性脂肪が
増える原因になるのです。

その為に食事の見直しはとても高い効果が期待できます。

まずは糖質と脂質を必要以上に取らないこと。
糖質も脂質もエネルギーになるので体には必要な栄養素ですが摂り過ぎはダメです。

動物の脂や甘いものが好き、という方は食べる量を考えましょう。

それと中性脂肪を減らすことが出来る栄養素があります。
これが含まれている食材を使った料理を食べることも効果的です。

青魚に含まれているEPAやDHAは直接中性脂肪を減らすことができます。
食物繊維は脂肪を吸着して体外に排出させることができます。

この他にもαリノレン酸やカテキンなども中性脂肪に効果的な栄養素です。
これらが含まれている食材を選ぶと中性脂肪を減らす効果に期待ができます。

まずは食生活の改善をして必要以上のエネルギーを取らないようにすること。
中性脂肪を減らす栄養素を取ることを心がけましょう。

■体内の脂肪を運動で燃焼させる

  • 中性脂肪を適度な運動で燃焼させる
  • 有酸素運動がおすすめ

食事を改善して中性脂肪の吸収を抑えたとしても現在体にある中性脂肪を
大きく減らすことは難しい所です。

そこで体の脂肪を燃焼させることで中性脂肪自体は体内から減らすことも重要です。
その為にはやはり運動をすることが必要になります。

一番脂肪を燃焼させることが出来るのは筋肉を動かすことです。
体を動かして筋肉を使えば体内の中性脂肪も燃焼させることができます。

この時に筋トレのように激しい運動をするのではなく、筋肉を長く使うような
ゆっくりとした運動をするほうが脂肪燃焼効率は良くなります。

例えば水泳や軽いジョギング、ウォーキングなどの運動をそれなりの時間することで
筋肉を長時間動かして脂肪を効率よく燃焼させることができます。

当然脂肪燃焼をする時には酸素が必要なので酸素を取り入れながらする有酸素運動を
続けることが中性脂肪を減らすためにも効果的です。

ただし脂肪を燃焼させるためには筋肉を動かすことが一番効果的です。
つまり筋肉がない状態では中性脂肪を効率よく減らすことが難しくなります。

そこで適度に筋トレなどを組み込んで筋肉を増やすことも効率様脂肪燃焼をするためには
必要になります。

手軽にできるウォーキングは脂肪燃焼には効果的ですが筋肉をつける効果はほとんど無く
これをする場合は筋トレと組み合わせるとより効果的なようです。

■中性脂肪を下げるには続けることが重要

  • 効果が出るまでには1ヶ月程度続けることが必要
  • 3ヶ月あれば正常値に戻すことも十分に出来る

中性脂肪を下げるには食事と運動をして生活習慣を見直すことが重要とわかりました。
それと、続けて行うこともかなり大事なことのようです。

食事の改善は確かに効果的ですが、厳しい制限をしてしまうとストレスが溜まり
今度はコレステロールなどの心配も出てきます。

そこで厳しい食事制限などはせず、必要な栄養素をサプリメントで摂取するという
方法もおすすめします。

中性脂肪を減らすEPAやDHAは多くのサプリメントで取り扱われています。
これらを上手に利用するようにしましょう。

それと効果が出るまでそれらを続けることも重要です。

効果が実感できるまでは1ヶ月程度が必要と言われています。
ただし続けることができれば3ヶ月程度で正常値まで中性脂肪を下げることもできます。

健康診断までに中性脂肪を正常値にしたい、と思うならそこまで続けられる運動などを
見つけて頑張ってみましょう。

コレステロールと中性脂肪を下げることは血糖値を下げることになる?

■糖尿病と中性脂肪、コレステロールの関係は?

  • 糖尿病患者には肥満体型が多いのは何故?
  • コレステロールや中性脂肪と血糖値の関係は?

日本人が多い成人病の1つに糖尿病があります。
贅沢病とも言われますが、多くの合併症の危険があり場合によってはかなり深刻です。

特に血管のトラブルを発生させやすく、糖尿病患者には脳卒中や心筋梗塞などの
病気発生率が高くなるというデータも有ります。

確かに糖尿病の方には肥満体型が多いような気がしますが・・・

糖尿病とはどのような状況になる病気で、肥満の原因となる中性脂肪や
コレステロールと何か関係があるのでしょうか?

糖尿病は血糖値が異常値になることなので、この血糖値とコレステロールや
中性脂肪がなにか関係しているのでしょうか。

糖尿病と肥満についての関係を詳しく調べてみました。

■血糖値とコレステロール、中性脂肪の関係とは?

  • 日本人にはインスリンの効果が弱くなることで起きる糖尿病が多い
  • インスリンが中性脂肪と大きく関係している

まず糖尿病になる原因にはインスリンが大きく関係してきます。
インスリンが血液中のブドウ糖を内蔵などに送りそこでエネルギーにします。

でも肝臓機能が弱くなるとインスリンがきちんと働かなくなってしまいます。
その為に血液中にブドウ糖が多くなり血糖値が上がるという状態になります。

ちなみに血液中のブドウ糖は中性脂肪になり、血管にこびりつくと血栓となります。
これが血管障害の原因と考えられています。

それにインスリンを分泌する時には肝臓が中性脂肪の合成を促進します。
インスリンが多くなる時には中性脂肪も多くなってしまうのです。

ではコレステロールと血糖値には関係はないのでしょうか?

直接的には関係がないのですが、中性脂肪が増えることで結果的に血液中に
コレステロールが増えることになります。

それに血糖値とコレステロールは上がる原因が似ているので血糖値の高い人は
コレステロール値も高いことが多いようです。

ではこの上がってしまった血糖値やコレステロール値を下げる方法を確認します。

■それぞれの原因となる栄養素をコントロールする

  • 血糖値が上がる原因は糖質
  • コレステロールが上がる原因は脂質

まずは血糖値が上がる原因となるのは血液中にブドウ糖が増えること、つまり食事などで
糖質を多く摂り過ぎることが原因と考えられています。

糖質はそのまま砂糖などの甘いもので、これを食べ過ぎると血液中に多くのブドウ糖が
でてしまうという状態になります。

ただ糖質だけがブドウ糖になるのではなく、炭水化物もブドウ糖になります。
つまり白米やパン、パスタなども血糖値をあげる原因になるのです。

一方コレステロールの原因となるのは脂質、つまり動物などの脂です。
ただし脂質以外にもコレステロールが上がる原因は多く考えられます。

その1つにはストレスがあります。
ダイエットなどで食事制限をすることがストレスになりコレステロールが上がる場合も。

でも大きな原因と考えられているのはやはり脂質で、特に動物性の脂はかなり大きな
原因になると言われています。

血糖値もコレステロールも食事を見直すことでコントロールが十分にできると
考えられています。

それに糖尿病の人は甘いもの、脂っこいものが好きな方が多くコレステロールも
高くなりがちです。

糖尿病の方に肥満体型が多いのはやはり食生活が原因の場合が多いようです。

■食事の改善と運動でコレステロールと血糖値を下げる

  • 脂肪燃焼させる運動はどちらにも効果的
  • 血糖値を下げると中性脂肪も一緒に下る

脂質や糖質をコントロールすることがコレステロールと血糖値を下げるためには
とても重要になります。

ただしあまり激しい食事制限をしてしまうとストレスでコレステロールが上がる
という状態になりかねません。

そこであまり無理をせずにゆっくりと改善する方法がおすすめです。

それと食事療法だけではなく運動もすることが重要になります。
血液中のブドウ糖を減らすことは血糖値と中性脂肪を下げるためには必要です。

でも激しい運動ではなく、脂肪燃焼をさせるための有酸素運動をすることが
重要になります。

中性脂肪の分解を内蔵だけにさせるとコレステロールの処理がしきれなくなります。
そこで運動できちんと中性脂肪を減らせばコレステロールの処理もしやすくなります。

つまり適度な運動をすることは中性脂肪と血糖値を減らすだけではなく
コレステロールのコントロールにも効果的なのです。

また食事の改善が難しい場合はサプリメントを使って栄養補給をする事もおすすめです。
栄養バランスをとるためにサプリメントは手軽で便利です。

コレステロールと中性脂肪、血糖値はそれぞれに関係しているので無理せずに全てを
まとめてケアすることをおすすめします。

中性脂肪を下げることと血糖値にはどんな関係がある?

■糖尿病の時に気をつける合併症とは?

  • 血糖値が上がるとかかりやすくなる病気とは?
  • 中性脂肪と血糖値の関係とは?

成人病の1つ、糖尿病は体のいたるところにトラブルが発生する可能性がある病気です。
しかも多くの合併症が懸念される病気でもあります。

糖尿病とは血液の中の糖分を分解する働きがあるインスリンの分泌コントロールが
上手にできなくなることで様々なトラブルが体に発生します。

この時に血液中には色々なものが分泌されるようになります。
そのために血管障害が起こりやすくなる、と言われています。

コレステロールが高くなると血管自体が固くなり、最悪の場合破裂してしまうことも。
同じように中性脂肪が多くなると血管が詰まりやすくなるのです。

この様に血糖値が上がりすぎて肝臓の機能が弱くなることで血管の病気の原因が
増えてしまうことになります。

糖尿病の時に合併症として一番気をつけることと言われているのがこの血管のトラブルで
最悪の場合は脳卒中や心筋梗塞など命に関わる病気を発生させます。

そこで血糖値と中性脂肪、コレステロールなどを一緒にコントロールすることが
とても重要と考えられているのです。

■血糖値を抑えることは中性脂肪を下げることにも繋がる?

  • 血糖値とは血液中のブドウ糖の数値のこと
  • ブドウ糖はエネルギーのもと、つまり脂肪になる原料

まず糖尿病とはどのような状態のことを言うのでしょうか?
簡単に言うとインスリンの作用が弱まり血液中にブドウ糖が多くある状態のことです。

ブドウ糖とは運動するためのエネルギーになる栄養素なので体には必要なのですが
これを過剰に摂取すると各内臓器官で処理しきれなくなります。

そのまま血液中を流れるとそれが血管の詰まりなどの原因となります。

この血管の中にあるブドウ糖が中性脂肪の元となります。
つまり糖尿病の人は血管のトラブルを引き起こしやすくなる原因を処理しきれないのです。

血糖値を下げるということは血液中のブドウ糖の割合を下げることになります。
それは中性脂肪の材料を減らすことにも繋がるのです。

合併症の発生を抑えるためにも血糖値と中性脂肪のコントロールには十分注意しましょう。

■中性脂肪を下げるためにはどうする?

  • 適度な運動をすること
  • インスリンの分泌にも運動は効果が期待できる

実際に血糖値と中性脂肪を下げるためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?
基本的には中性脂肪の数値を下げることを考えると良いと思います。

特に糖尿病の治療には食事療法が多く利用されますが、運動によるブドウ糖の消費も
効果が期待される治療法でもあります。

当然体内にある脂肪の燃焼もできるので中性脂肪を下げることも期待できます。
血管障害になる確率を下げることもできるのでかなりおすすめできる方法です。

ただし激しい運動ではなく水泳やウォーキング、軽いジョギング等の軽めの運動で
有酸素運動をすることがおすすめです。

筋肉を鍛えるための運動ではなく筋肉を長時間動かす運動のほうがより体内の脂肪を
多く燃焼させることができます。

それに運動をすることで体内ではインスリンの働きを高めるので血糖値のコントロールに
運動をすることは効果的と考えられています。

まずは手軽にできる運動で、続けやすいものを選ぶことが重要です。
運動も続けて行うことが中性脂肪を減らすためには必要になります。

厳しい運動で嫌になってしまわないように、自分のペースで続けられる運動を
探してみましょう。

■食生活の改善はかなりの効果が期待出来る

  • 炭水化物の摂り過ぎはブドウ糖が増える原因になるので注意
  • 中性脂肪を直接下げることが出来る食材もある

糖尿病の治療にはやはり食事療法が効果的です。
食生活を改善することは中性脂肪を減らすことにもかなり期待ができるのです。

まず血糖値を下げるためには栄養バランスの取れた食事を3食摂ることが必要です。
この時に炭水化物のとりすぎには十分に注意しましょう。

炭水化物は体を動かすためのエネルギーなので必要な栄養素ではあります。
でも過剰に取ることは糖尿病の原因になりやすいです。

当然中性脂肪の元にもなるので分量とバランスを考えて食べるようにしましょう。

中性脂肪に関しては直接下げることが出来る栄養素もあります。
それが青魚に含まれているEPAとDHAという栄養素です。

魚は元々油も少なく糖尿病の治療にも利用しやすいですし、その上中性脂肪を
下げることが出来る可能性も高い食材です。

ただし栄養バランスはとても重要なので、サプリメントなども利用すると更に
効率よく栄養を取ることが出来るようになります。

それに魚が苦手な方でもサプリメントなら簡単にEPAやDHAを摂ることが
できるのでおすすめです。

血糖値と中性脂肪を下げるためには食生活の見直しはきちんとしましょう。

中性脂肪の数値、血液中の数値を下げる必要は何故?

■血液検査でわかる中性脂肪の数値を下げる理由とは?

  • 中性脂肪が多くなると体にどんな影響がある?
  • 中性脂肪を下げる方法とは?

健康診断などで中性脂肪の数値を医師から注意されたことはありませんか?
血液検査でもわかる中性脂肪の数値は年齢を重ねると注意が必要です。

でも何故血液検査で中性脂肪がわかるのでしょうか。

血液検査でわかる数値ということは血液中の中性脂肪の値ということです。
この血液中の中性脂肪が高くなるとどの様な事が起きるのでしょうか?

中性脂肪と血液の流れにはどんな関係があるのでしょうか。

それに血液中の中性脂肪が高くなった場合はどのような方法で下げることが
出来るのでしょうか?

血液中の中性脂肪が高くなった時の注意点、それに高くなった場合に体に
負担をかけずに下げる方法などを確認してみます。

■血液中の中性脂肪が多くなるとどうなる?

  • 中性脂肪とは本来は体を動かすためのエネルギー
  • 過剰摂取をすることで肝臓から血管に流れてしまう

まず中性脂肪とはどのようなものなのでしょうか?
本来は体を動かすためのエネルギーになる物質が中性脂肪です。

筋肉を始め内臓なども動かすためには原動力となるエネルギーが必要です。
これが中性脂肪で主に食事による補給をすることになります。

通常は肝臓に蓄えられていて運動をすることで消費されます。
でも蓄積量が多くなる、肝臓の機能が低下するなどの理由で血管に流れます。

この血管に流れでた中性脂肪は血管にこびりついてしまい、それが血管の詰まりの
原因になると考えられています。

血液中の中性脂肪が高くなってしまうと脳梗塞や心筋梗塞などの病気の原因になる。
その為に血液検査で数値が高くなると注意されるわけです。

普段は血液中にはそれほど多くないはずの中性脂肪が多くなることで血管の病気に
かかりやすくなってしまうのです。

そこで中性脂肪を下げることが重要になります。
今度は中性脂肪を下げるための方法を確認してみましょう。

■運動をすれば中性脂肪を下げることが出来る?

  • 運動するためのエネルギーなので体を動かすことで中性脂肪は減る
  • 効率よく脂肪燃焼させるには有酸素運動が重要

中性脂肪は体を動かすためのエネルギーとして利用されます。
体に蓄積させないためには体を動かすことがとても重要になります。

体を動かして脂肪燃焼をさせることで運動をするエネルギーにします。
つまり体を効果的に動かすことで脂肪をエネルギーにすることが出来るのです。

でも体を動かすことで脂肪燃焼が出来るのですが、効率よく脂肪燃焼をさせるには
運動の仕方にも注意が必要になります。

短距離走や筋トレなどでは脂肪燃焼効率が悪く、多くの中性脂肪を減らすことが
難しいと言われています。

脂肪を効率よく減らすためには有酸素運動、つまり酸素を体に取り入れながら出来る
ゆっくりとした運動が効果的です。

ウォーキングや水泳などが中性脂肪を減らすためには良いと言われています。

ただし効果的に中性脂肪を減らすためにはやはり筋肉も必要になります。
脂肪燃焼をさせる一番効率いい方法は筋肉をより多く動かすことです。

つまり筋肉が少ない状態でウォオーキングをするよりも筋肉が多い状態で
ウォーキングをするほうがより効率よく中性脂肪の燃焼ができます。

筋トレとのバランスも考えて運動をするとより効果的に中性脂肪を減らすことが
できるようになると思います。

■食事を見直すと中性脂肪をためることが少ない

  • 中性脂肪になりやすい食材をなるべく避ける
  • 栄養バランスをとるためにサプリの利用も考える

運動だけではなく食事もきちんと見直すことで中性脂肪をコントロールしやすくなります。
脂肪の原因になる栄養素はほとんどが食事で補給されるものです。

そこで食事で中性脂肪をコントロールすることができれば更に体に蓄積される脂肪の量を
減らすことが出来るようになります。

特に栄養素の中には中性脂肪を直接減らすことが出来るものもあります。
青魚に含まれているEPAやDHAには中性脂肪を減らす働きがあります。

その為に青魚を選んで食べることで中性脂肪を減らすことが出来るとも言われています。

この他にも中性脂肪を体外に排出しやすくなる食物繊維などの栄養素もあります。
これらをバランスよく取ることで体に中性脂肪をためにくくなるのです。

食事だけで必要な栄養素を取るのが難しい場合はサプリメントも利用しましょう。
特に魚が苦手な方はEPAとDHAをサプリで摂ることをおすすめします。

適度な運動と食事のバランスをとることで血液中の中性脂肪は減らすことができます。
命に関わる病気になる可能性もあるのできちんと中性脂肪を下げましょう。

中性脂肪の数値が血液検査で高かった場合はどうやって下げる?

■血液検査で中性脂肪が引っかかった場合はどうやって下げる?

  • 中性脂肪を下げるための方法とは?
  • 効果的なアイテムはある?

年齢を重ねてくると男性でもダイエットにはかなり注目するようになります。
特に中性脂肪が高いと言われたことがある人は注意が必要です。

会社の健康診断などで血液検査をして中性脂肪の数値が高い場合は医師に注意を
されると思います。

私も中性脂肪の数値が高いと注意されたことがありました。
そこで色々と調べて中性脂肪の数値を下げることに成功しました。

私が行った方法は薬を使わずに中性脂肪の数値を下げることが出来る方法です。
薬を使えば確かにすぐに数値を下げることが出来ますが、体の負担は大きくなります。

体に負担をかけずに中性脂肪を下げる方法、実際に渡しが実践した方法を
こちらで紹介したいと思います。

■中性脂肪が上がる原因とは?

  • 原因は色々あるが食事と生活習慣はかなり重要
  • 自分でできることから始める

まず中性脂肪が高くなる原因はどんなものがあるのでしょうか?
私の場合を考えてみるとやはり食生活はかなり大きな原因だったと思います。

会社帰りにお酒をよく飲む、脂っこい食事が好き、あまり運動をしないという生活を
続けていたら血液検査の通知はかなり高くなっていました。

ちなみに一般的に中性脂肪の数値は150mg/dlを超えると危険と言われます。
脳梗塞や心筋梗塞などの病気の原因になるためです。

中性脂肪とは血液中の中性脂肪を計測してそれを数値にしています。
その為に血液検査で数値が高い場合は血管の病気の原因がわかりやすくなるそうです。

中性脂肪は食事でとった糖質や脂質なので食事でこれを制限する、または運動できちんと
エネルギーとして消費することが必要となります。

そこでまずは自分で簡単にできることから始めてみました。
とりあえず食事の改善をして余分な糖質と脂質を取らないようにすることが必要です。

それと同時に食事でとった糖質と脂質をきちんとエネルギーとして消費することも
とても重要になります。

適度な運動をすることも自分でできる中性脂肪を下げるための方法となるのです。

■食事に気をつけて中性脂肪を下げるには?

  • 中性脂肪を下げることができる栄養素を摂る
  • 余分な糖質と脂質を摂らないように気をつける

食事に関しては栄養素の取り方を考えることで中性脂肪を下げることができます。
栄養素の中には中性脂肪を下げる効果に期待ができるものがあるためです。

直接中性脂肪に働きかけるのが青魚に含まれているEPAやDHAです。
これらは直接中性脂肪を減らす働きに期待ができます。

それに納豆に含まれるナットウキナーゼ、ナッツ類に含まれるαリノレン酸にも
中性脂肪を下げる効果が期待できます。

食事の際にこれらの栄養素を組み込むことで中性脂肪を減らすことができます。

それに食物繊維には脂肪を吸着して体外に出す働きがあります。
中性脂肪にならずに便と一緒に体外に出すことで中性脂肪を増やしません。

同じようにお茶に含まれるカテキンにも脂肪を吸着する効果があります。
食事と一緒に飲むことで余分な脂肪の吸収を抑えることが出来るのです。

アミノ酸やクエン酸、ビタミン類には脂肪燃焼効果を高めるものがあります。
これらも長期的には中性脂肪を下げる効果に期待ができます。

このように食事で補給する栄養素をきちんと考えることで中性脂肪を減らすこと
増やさないようにすることが出来るようになります。

■適度に体を動かすことで脂肪の効率よく燃焼させる

  • 激しい運動では脂肪燃焼の効率が悪い
  • 中性脂肪を下げるためには続けることが必要

次に運動をすることで体の中にある脂肪を減らすことが出来るようになります。
運動のためのエネルギーに脂肪が使われるためです。

でもただ単に運動をするだけでは効率よく脂肪燃焼をさせることは難しく
中性脂肪を中々減らすことが出来ません。

脂肪を燃焼させるためには有酸素運動を長く続けることが重要です。

有酸素運動とは呼吸をしながらする運動で筋トレのような激しい運動ではなく
ウォーキングや水泳などの運動です。

ウォーキングに関してはダラダラと歩くのではなく、背筋を伸ばしてしっかりと
腕を振って早足程度の速度で歩くことが重要です。

筋トレは全く効果がないというわけではなく、基礎代謝をあげるためには必要です。
そこで筋トレと有酸素運動を両方行うのも脂肪燃焼効果が高くなります。

ただし中性脂肪を下げるためには続けて行うことがとても重要です。
直ぐに効果が出ても、やめてしまえばまた元通りになってしまうためです。

最低でも3ヶ月程度は続けることが出来る有酸素運動を探してください。
そうすれば血液検査の結果もきっと良くなると思います。

どれ位の期間があれば中性脂肪を下げることが出来る?

■危険と判断された中性脂肪の数値はどれ位で下がる?

  • 中性脂肪の数値を下げるのにかかる日数はどれ位?
  • どうすれば中性脂肪を下げることが出来る?

運動不足や偏った食生活を続けていると肥満になりやすいです。
この肥満状態は実はかなり多くの病気の原因となってしまうのです。

中でも血管をつまらせる原因にもなる中性脂肪は命に関わる病気の原因になるので
健康診断などでも注意されることが多くなっています。

でも中性脂肪はどれ位の期間で減らすことが出来るのでしょうか?

健康診断で危険な数値、と医師から言われたらすぐに薬を使って数値を下げる
という治療が必要なのでしょうか?

薬を使わずに治療をする場合はどれ位の期間が下げるのにかかるのでしょうか。
また下げるために方法とはどのようなものなのでしょうか。

今回は薬を使わずに中性脂肪を下げるための方法を確認してみます。

■中性脂肪を下げるためにかかる期間は?

  • 効果が現れるのは1週間位
  • その効果を持続させるためには3ヶ月位の期間が必要

まずは薬を使わずに中性脂肪を下げることを始めたとして、その効果が数値となって
現れるまではどれ位の期間がかかるのでしょうか。

一番効果が高いと言われている食事による治療をした場合、数値として中性脂肪が
下がるまでは大体1週間位と言われています。

つまり食生活の改善をすれば1週間後には数値が下がり始めます。
場合によってはかなり数値を下げることができるそうです。

その後適正と思われる数値になり、それが安定するまでは3ヶ月位。
つまり3ヶ月続けられれば薬に頼らずに中性脂肪を下げることができるそうです。

ただし中性脂肪の数値が下がるのに最低でも1週間位は必要になるので、医師から
すぐに中性脂肪を下げる必要があると判断されれば投薬治療が始まります。

医薬品を使った場合はかなりすぐに効果が現れるので食事療法に比べるとかなり手軽に
数値を正常値にすることができます。

その代わり薬をやめればすぐに中性脂肪の数値が元に戻るのでかなり早急に治療が必要
と判断されないかぎり投薬治療はされないそうです。

まずは1週間、中性脂肪の数値を下げるための努力をしてみましょう。

■中性脂肪を下げるために必要なことは?

  • 必要以上の脂質、糖質を取らないようにする
  • 中性脂肪を下げる食材も利用する

次に実際に中性脂肪を下げるために必要なことを調べてみます。
やはり食事を改善することが中性脂肪減少には効果的と考えられています。

血液中にある中性脂肪を増やすのは食事で取る脂質と糖質です。
これを必要以上に取らないようにすると中性脂肪は増えすぎません。

中性脂肪を増やす脂質は主に動物の脂です。
ラードなどはかなり中性脂肪を増やしてしまう原因となります。

そこで肉を食べる時には比較的脂身の少ない種類を選ぶようにしましょう。
鶏肉、その中でも更に油の少ないところを選ぶと効果的です。

糖質は主に砂糖などで補給されています。
当然砂糖を多く使っているお菓子などは糖質が多くなってしまいます。

甘いモノがほしい時には砂糖を使わずに甘味を感じられるハチミツなどを
使ったものを食べるようにしましょう。

それに食材の中には中性脂肪を直接減らしてくれる成分もあります。
EPAやDHAなどは有名な所で、主にお字かなに含まれている成分です。

これらも効率よく摂ることで中性脂肪を減らすことができます。
食事で中性脂肪を下げる時には取り入れてみましょう。

■もっと効率よく中性脂肪を減らすためには?

  • 適度な運動が脂肪を燃やして体内に溜めない
  • サプリメントの利用もおすすめ

食事を改善することで中性脂肪を増やさないようにすることができます。
それと一緒に適度な運動をすることで死亡を燃焼させることができます。

体内の脂肪を燃焼させれば中性脂肪として体内に必要以上に蓄積させることもなく
中性脂肪の数値を下げることができます。

ただしこの時にするのは激しい筋トレのような運動ではなく、ウォーキングや
水泳などの簡単な有酸素運動がおすすめです。

筋肉をつけるための運動ではなく、脂肪を燃焼させる運動なので長時間続ける事が
出来る運動のほうが効果的です。

それに食事の時に摂る栄養は重要ですが、それを毎回考えるのも大変ですよね?
そこでサプリメントを使って補給する方法もおすすめです。

特にEPAとDHAは青魚が苦手な方が食事で取るのはちょっと難しくなります。
それならサプリで補給しても十分な効果が期待できます。

魚を毎日食べるのも大変なのでサプリも上手に使って、続けてできる方法を探して
実践するようにてください。