脂肪肝を治すためには中性脂肪を下げることが重要?

■脂肪肝を治すためにはどうすればいい?

  • 脂肪肝とはどんな状況のことを言う?
  • 日常生活の中で脂肪肝を治すことが出来る?

脂肪肝という体の異常を聞いたことがありますか?
その名前のとおりに肝臓が脂肪を多く取り入れてしまっている状態のことです。

元々肝臓には脂肪を分解する働きがあり、中性脂肪を取り込んで分解しています。
でもその肝臓に多くの脂肪がついてしまっている状態のことです。

フォアグラを思い出してもらうとわかりやすいのですが、あれが正に脂肪肝の状態で
脂肪が多くなりすぎると肝臓としての機能にも障害がでてしまいます。

この脂肪肝を治すためにはどうすれば良いのでしょうか?

病院などで治療をする他には治す方法はないのでしょうか?
家庭で治療中に気をつけることなどがあれば知りたいと思います。

脂肪肝と中性脂肪の関係を更に詳しく調べてみました。

■脂肪肝とはどんな状態のことを言う?

  • 肝臓の中に中性脂肪が多く含まれている状態のこと
  • 自覚症状がほとんど無い

まずは脂肪肝とはどのような状態のことを言うのでしょうか?
その名前のとおりに肝臓に脂肪が多く含まれている状態のことです。

元々肝臓には中性脂肪を分解する働きがあり、肝臓に中性脂肪が蓄積されます。
通常では3%くらいが脂肪なのですが脂肪肝になると5%以上が脂肪となります。

脂肪肝になると肝臓の機能が正常に働かなくなります。
つまり中性脂肪の分解などもしにくくなってしまうのです。

特にアルコール分解は肝臓の機能の中でも健康に直接関係するものです。
それができなくなるのは体にも大きな負担になってしまいます。

しかも肝臓はその機能が30%以下になるまでは自覚症状がないと言われています。
つまり脂肪肝になっている自覚症状がほとんどありません。

気がついた時にはかなり症状が進んでいるという場合も多いので健康診断などで
脂肪肝を注意された場合はすぐに対応をするようにしましょう。

では脂肪肝を治すためにはどうすれば良いのでしょうか?
脂肪肝の治療方法についても確認してみます。

■脂肪肝の治療方法とは?

  • 軽度の脂肪肝なら日常生活の中で改善できる
  • 脂肪肝を予防することができる栄養素を食事に取り入れる

中性脂肪を減らす薬はあるのですが、それを利用すると肝臓にかかる負担が大きいので
基本的にはかなり深刻な場合以外には投薬治療を行わないそうです。

それに軽度の脂肪肝なら日常生活の中で十分に改善することができます。

脂肪肝を治すためには脂肪肝になる原因を取り除くこと、余分な脂肪を貯めないことが
重要になります。

脂肪肝の原因は色々と考えられますが多くの方がアルコールのとりすぎから脂肪肝に
なることが多いようです。

それに食事が不摂生でバランスも悪く、余分な糖質や脂質を多くとってしまうと
脂肪肝になりやすいそうです。

まず脂肪肝の改善にはアルコールは厳禁です。
肝臓に負担のかかるアルコールを飲むことは辞めるようにしましょう。

それと中性脂肪の原因となる糖質と脂質をなるべく吸収しないようにすること。
食物繊維を摂ることで体に吸収せずに余分な脂肪を排出できるようになります。

それに貝類に多く含まれているタウリンには血液中のコレステロールを下げる働きが
期待できます。

それと同時に肝臓にある中性脂肪を排出させる働きにも期待が出来るのです。

この様に体に効果的な栄養素を含んでいる食物を積極的に食べることで脂肪肝を
改善することが出来るようになります。

■栄養バランスを摂るためにはサプリの利用もおすすめ

  • 食事で取りにくい栄養素をサプリで補給する
  • 中性脂肪を直接減らす栄養素もサプリで補給出来る

アルコールをやめて食生活の改善をすると脂肪肝の治療になることはわかりました。
でも食生活の改善は簡単にできるものでもありません。

特に必要な栄養素を含んだバランスの良い食事、というのはちょっと難しいです。
そこで手軽に利用できるサプリメントを使うこともおすすめです。

食事だけでは体内に入れにくい栄養素もサプリなら簡単に補給できます。
しかも中性脂肪を直接下げることが出来る栄養素などもサプリで補給できるのです。

タウリンの含まれた食物を積極的に取ることが難しいならサプリで毎日飲む
という方法もオススメできます。

中性脂肪対策には青魚に含まれる成分のEPAやDHAも効果的です。
当然これらも手軽に利用できるサプリメントが販売されています。

脂肪肝はそのままにしてしまうと肝硬変や肝臓がんなどになる場合もあります。
できれば早期に治療をして脂肪肝の解消と予防をするようにしましょう。