食物を食べて中性脂肪を下げるには何を選べばいい?

■食物の中には中性脂肪を下げる栄養素があるって本当?

  • 中性脂肪を下げるために必要な栄養素とは?
  • どんな食物に多く含まれている?

中性脂肪は多くなると血管の病気の原因になります。
その為に健康診断などでも検査項目に入っています。

その数値が高くなってしまった場合は治療が必要になりますが、投薬での治療は
体に掛かる負担も大きいためにあまり行われていません。

実は中性脂肪を減らすことが出来る成分は食物の中に多く含まれていて、治療薬にも
利用されている成分があるそうです。

つまり中性脂肪を下げるためには効果的な食物を食べるように食生活を改善することが
とても高い効果が期待できるのです。

でもどんな栄養素がどんな食物に含まれていて、どれが中性脂肪に効果的なのでしょう?

中性脂肪を下げるために効果的な食物を詳しく調べてみます。

■直接中性脂肪を下げる効果がある食物とは?

  • 青魚に含まれているEPAとDHAに高い効果が期待できる
  • 調理方法によって失われてしまうので注意

中性脂肪を減らすことが出来る栄養素を探してみると青魚に含まれている成分が
効果的なことがわかりました。

それがEPAとDHAです、主に青魚の脂分に含まれています。

イワシや秋刀魚、サバやぶりなどの魚に多く含まれていて、実際にこれらの魚を
中心とした食事に変えると中性脂肪が下がったという報告もあります。

特にEPAは脂質異常症の治療薬の原料としても利用されているほどで、高い効果が
期待できる成分となっています。

でも調理方法によってはせっかくの栄養素がなくなってしまいます。
基本的には魚の油に含まれている成分なので焼き魚の場合は油が落ちてしまいます。

焼く時には衣をつけるなど工夫が必要となるので注意しましょう。

それと直接的に中性脂肪を減らすことが出来ませんが、中性脂肪を下げることを
補助してくれる栄養素も多くあります。

今度はそれらの栄養素が豊富な食物も確認してみましょう。

■中性脂肪を下げる手助けをする食物とは?

  • 抗酸化作用、脂肪の吸収を抑える働きなどは中性脂肪を増やさない
  • 脂肪を素早く体外に排出させることも効果的

直接中性脂肪を減らすのではなく、中性脂肪の原因を取り除いたり素早く脂肪を体外に
排出したりする効果がある食物も多くあります。

例えば大豆に含まれている成分には多くの健康に関する効果が期待されています。
大豆ポリフェノールなどは抗酸化作用が高く、体の中でコレステロールを減らします。

果物、特に柑橘系には血流を改善することが出来る成分が豊富に含まれているので
血液をさらさらにして中性脂肪を血管中に溜めないようにできます。

野菜などに含まれている食物繊維は脂肪を絡めとって体外に排出させる効果あり
中性脂肪を増やす原因を取り除くことができます。

それに海藻類にはフコイダンという血圧上昇をさせない効果が期待できる成分が
多く含まれていて血管へのダメージを軽減させてくれます。

この様に食物の中には多くの栄養素が含まれていて、それらを上手に利用すると
中性脂肪を増やさずに食事が出来るようになります。

結果的に中性脂肪を下げることができるようになるので、これらの食物も上手に
食事に取り入れるようにしましょう。

■食生活の改善と一緒に運動による消費も重要

  • 中性脂肪を下げる効果が期待できる食物中心に食生活を変える
  • 脂肪を燃焼させるために適度な運動も心がける

直接中性脂肪を減らすことが出来る食物、中性脂肪を減らす手助けができる食物など
これらを中心にした食生活にすることは数値を下げるためにはとても重要です。

でも食生活の改善だけでは中性脂肪の数値を下げることは難しい友いわれます。
それは脂肪燃焼のためには運動をすることが重要だからです。

中性脂肪は余分な脂肪が血管に流れてしまったものです。
つまり食事でとった糖質や脂質をきちんと消費することが必要になります。

中性脂肪を貯めないためにきちんと運動をして脂肪を燃焼させることが中性脂肪を
減らすためには必要になります。

そこで筋肉を長く動かし続ける有酸素運動を適度に生活に取り入れましょう。

脂肪燃焼をさせるためには筋肉を動かすことが一番効率的です。
有酸素運動は長時間筋肉を動かし続ける運動なので脂肪燃焼効果はとても高いのです。

具体的には早足のウォーキング、水泳、軽めのジョギングなどが有酸素運動です。
これらを生活に取り入れることで脂肪燃焼効率はかなり高くなります。

当然筋肉を動かすことで脂肪を消費するので適度に筋トレをして筋肉をつけることも
脂肪燃焼のためには効果があるといえます。

ただし筋トレなどの無酸素運動では脂肪燃焼効果はほとんどありません。
運動に仕方によって脂肪燃焼効果は違うので注意してください。