筋トレをしても中性脂肪を下げることは出来ないって本当?

■激しい運動をしても中性脂肪を減らすことは出来ない?

  • 中性脂肪を下げるためには運動をすることが重要?
  • 筋トレのような運動では中性脂肪を下げることが出来ない?

中性脂肪が体に溜まり過ぎると多くのトラブルが発生します。
血管の病気になりやすくなるのが一番注意するべきことのようです。

特に動脈硬化が進むと心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高くなります。
それらの原因として中性脂肪とコレステロールが考えられているのです。

中性脂肪を下げるためには食生活の改善と運動によるカロリー消費が効果的
と言われていますが、運動の仕方にも気をつける必要があるそうです。

特に筋トレのような激しい運動では中性脂肪を減らすことが出来ないという方も。

運動をすることで脂肪の燃焼をすれば中性脂肪を下げることが出来るのでは?
中性脂肪を下げるための運動方法を詳しく確認してみます。

■筋トレでは中性脂肪を下げることが出来ない?

  • 中性脂肪を下げるためには有酸素運動を長時間することが重要
  • 筋肉を動かし続ける運動をすると中性脂肪が消費される

まずは中性脂肪を下げるための運動について詳しく調べてみます。
中性脂肪を消費するためには筋肉を長時間動かすことが必要になります。

それに脂肪を燃焼させるには酸素が必要で、その酸素を取り入れながらする運動
つまり有酸素運動が効果的と言われています。

有酸素運動とは呼吸をしながら出来るような緩やかな運動のことでウォーキングや
軽いジョギング、ゆっくりとした水泳などが有酸素運動です。

タイムを競うような激しいスポーツや、筋トレのように無呼吸でするような運動では
効率よく中性脂肪を燃焼させることが出来ません。

それに中性脂肪を燃焼させるのは筋肉を動かすことが一番効果的です。
つまり筋肉を動かし続ける運動をすることが中性脂肪を減らせるのです。

筋トレのような運動では筋肉を動かし続けることは難しく、無酸素での運動が多く
脂肪燃焼の効率はかなり悪くなります。

でも筋トレ自体は脂肪燃焼には無関係ではありません。
筋トレと中性脂肪燃焼効果をさらに詳しく調べてみます。

■筋肉が多くなることで脂肪燃焼効果が高くなる

  • 筋肉が増えれば有酸素運動で消費できる脂肪が増える
  • 筋トレと有酸素運動を両方すると効果が上がる

有酸素運動で脂肪燃焼をさせるためには筋肉を動かし続けることが必要です。
その筋肉は当然ですが多くなるほど効率が良くなります。

つまり有酸素運動で効率的に脂肪燃焼させるためには筋肉量が多いほうがよく
そのために筋トレをすることはとても効果的なのです。

筋トレ自体には中性脂肪を減らす効果がほとんど期待できませんが、筋トレをすると
有酸素運動の効果を高めることができます。

結果的に筋トレをすることは中性脂肪を下げるためにかなり有効というわけです。

有酸素運動自体は毎日続けることで効果が実感できるようになります。
その間に筋トレをする日を入れるとさらに効果的になります。

筋トレは毎日する必要はなく、短時間に集中して鍛えるだけで効果があります。
筋肉を鍛えるためには筋肉を休ませる時間も必要なのです。

有酸素運動では脂肪燃焼効果は高いのですが筋肉をつける効果はほとんどなく
筋肉をつけるためにはやはり筋トレが必要になります。

筋トレと有酸素運動を両方上手に取り入れると中性脂肪を減らす効果が
更に高くなります。

■食生活の改善と運動は中性脂肪を下げるためには重要

  • バランスの取れた食事で栄養補給をする
  • 運動で脂肪燃焼をさせて余分な脂肪を体内に溜めない

筋トレと有酸素運動をすることで中性脂肪を減らす効果があるのはわかりました。
でもそれだけではなく食事を見直すことも重要になります。

元々中性脂肪は食事による糖質と脂質の過剰摂取が原因になることが多く
食生活の改善は中性脂肪を下げるためにもかなり効果的です。

栄養バランスの取れた食事をすることは体に運動するためにエネルギーを
上手に蓄えることに必要です。

体に蓄えたエネルギーを上手に使って運動をすれば必要以上に脂肪を体内に
ためることはなくなります。

それが中性脂肪を溜めずに健康的に生活することには必要なことなのです。

食事で栄養バランスを取るのが難しい場合はサプリメントを利用しても大丈夫。
バランスの取れた食事を続けることが重要です。

当然運動もできれば毎日、少しずつでも有酸素運動をすることが中性脂肪を
効果的に減らすことになります。

効果的に中性脂肪を減らすためにも筋トレと食生活の改善、有酸素運動を上手に
組み合わせてください。

脂肪酸を詳しく知ることは中性脂肪を下げることに繋がるの?

■脂肪酸の種類と中性脂肪の関係とは?

  • 中性脂肪が増える原因には脂肪酸が大きく関わっている?
  • 中性脂肪を下げるためにはどんな脂肪酸を取ればいい?

中性脂肪は血管の病気の原因になることが多く、気にしている方も多くいます。
ただその原因となるものにはあまり関心がない方も。

実は中性脂肪になる元となるのは脂肪酸で、これには2種類あるのです。

大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれ、更に不飽和脂肪酸は細かく分類できます。
この油の種類を知っていると中性脂肪にも効果的なのです。

油の種類によって中性脂肪を上げるもの、下げるものに分かれているからです。

中性脂肪を下げる油を選んで食べていれば中性脂肪を気にすることなく食事が
出来るようになります。

では中性脂肪を下げる油の種類とはどんなものなのでしょうか?

■飽和脂肪酸とはどんな油?

  • 動物性の脂や熱帯植物系の油
  • 基本的には中性脂肪やコレステロールを上げる

まずは飽和脂肪酸について調べてみます。
こちらは動物性の脂、牛肉や豚肉などの脂身に含まれている成分です。

他にも熱帯植物の荷重などにも多く含まれている脂肪酸です。
ココナッツオイル、パーム油や椰子油にも含まれています。

牛乳などにも含まれているので乳製品には飽和脂肪酸が含まれています。
バターやラードなどもこちらの脂肪酸が多く含まれています。

飽和脂肪酸は基本的には中性脂肪を増やす脂肪酸です。
過剰に体内に入れてしまうと中性脂肪を作る原因になります。

ただしココナッツオイルにはエネルギーとして燃焼しやすい中鎖脂肪酸が多く
脂肪燃焼効果を高めることができます。

元々中性脂肪は運動エネルギーとして必要な物なので飽和脂肪酸が少ないと
体を動かすためのエネルギーが不足してしまいます。

でも大量に取り入れると中性脂肪が多くなりすぎて血管の病気の原因になります。
摂取するバランスには十分に注意しましょう。

■不飽和脂肪酸は更に多くの種類に分類ができる

  • オメガ3やオメガ6は中性脂肪を減らす効果がある
  • トランス脂肪酸は多くのトラブルの原因になる

不飽和脂肪酸には更に細かな分類があります。
中でも注目したいのはオメガ3と言われる脂肪酸です。

魚の脂身などの含まれている脂肪酸ですがオメガ3には中性脂肪を減らす効果が
期待されています。

実際にオメガ3の成分の1つEPAは脂質異常症の治療薬の原料として使われています。

魚の他にもえごま油、亜麻仁油などもこのオメガ3脂肪酸が多く含まれています。
いま注目の油として多くの方が利用している油でもあります。

同じようにオメガ6とオメガ9という種類があり、これらも体に良い効果が期待できる
と注目される成分です。

オメガ6にはリノール酸が多く含まれていて、べに花油、コーン油、ひまわり油などが
主な油です。

一時期には体にいい油として注目されていましたが、摂り過ぎると善玉コレステロールを
減らしてがんの発生率を高めるということがわかりました。

悪玉コレステロールを減らすためには効果的ですが、摂る分量には注意しましょう。

オメガ9はオレイン酸が多い油でオリーブオイルが有名です。
悪玉コレステロールを減らす効果が高く、入手もしやすい油です。

ただし調理の時に150度以上に加熱してしまうと有害な油になるので調理する時には
加熱をせずに使うほうがおすすめです。

これらは不飽和脂肪酸の中でも体に良い影響をあたえるものですが、もう1つの種類は
体に悪影響を与えるものなので注意が必要です。

それがトランス脂肪酸という油でマーガリンなどの食品精製加工油のことです。

トランス脂肪酸には悪玉コレステロールを増やす効果があるので体内に入れるだけで
多くのトラブルの原因になってしまいます。

できるかぎりトランス脂肪酸が含まれている食品を食べるのは止めましょう。

■いろいろな脂肪酸をきちんと選んで食生活を見直す

  • 脂肪酸の中には中性脂肪を減らす効果が期待出来るものもある
  • 運動と脂肪燃焼効果を上げる油を組み合わせると効果的

脂肪酸の種類はかなり多く、不飽和脂肪酸の中には中性脂肪を減らすことが出来るものも
ありました。

つまり食事の時にしっかりと油も選んで食べることで中性脂肪のコントロールを
することが出来るようになります。

中性脂肪を下げるためには食生活の改善はとても重要ですが、その時に体内に入れる
脂肪酸の種類もきちんと選ぶことでさらに効率を上げることが出来るのです。

それに中性脂肪を下げるためには体内の脂肪を燃焼させることも重要です。
脂肪燃焼効果の高い油を体内に入れて運動をすれば更に効果が高くなります。

食生活の改善と適度な運動をしてきちんと中性脂肪を減らすようにしましょう。

日常生活の習慣を改善すれば中性脂肪を下げることが出来る?

■生活習慣を変えることで中性脂肪って減るの?

  • 中性脂肪が増える原因とは?
  • 生活習慣を変えると中性脂肪を減らせる?

中性脂肪とは血液中を流れている脂肪のことで体にとってはエネルギーになります。
でも中性脂肪が増えすぎてしまうと多くのトラブルが発生してしまうのです。

特に血管の病気の原因がこの中性脂肪とコレステロールで、場合によっては
命に関わる病気になってしまうことも・・・

そんなトラブルの解消をするためにも中性脂肪をきちんとコントロールしたいのですが
それにはどうすれば良いのでしょうか?

中性脂肪の原因はやはり脂肪、そこで食生活を改善することで中性脂肪を減らすことが
できるようになるのでしょうか。

また食生活以外に中性脂肪を減らすことが出来ないのでしょうか。
生活習慣と中性脂肪との関係について詳しく調べてみました。

■中性脂肪が体に溜まる原因とはどんなこと?

  • 糖質や脂質のとりすぎが原因となることが多い
  • 中性脂肪は必要なエネルギーなのでなくすことは出来ない

まず中性脂肪が溜まる原因を調べてみます。
調べてみるとやはり食事などで体に吸収する栄養素が関係しているようです。

脂肪の材料となる糖質と脂質が体内に多く入ることで中性脂肪も多くなり
それが必要以上になると血管などに蓄積されてしまいます。

この血管に溜まった余分な中性脂肪が血管障害症の原因となり多くのトラブルが
発生してしまうようです。

そこで中性脂肪を体に余分に蓄積させないためには食事のバランスを整えることが
とても重要になります。

糖質や脂質を必要以上に取らず、体内への吸収を抑えるような栄養素も一緒に食べると
中性脂肪が多くなりすぎることはありません。

ただ中性脂肪は体を動かすためのエネルギーになります。
完全に死亡を食生活から排除することは体が動かせなくなるので無理です。

食生活は栄養バランスをきちんと考えて、多くの栄養素を取り入れられるように
改善することが結果的に中性脂肪を減らすことになりそうです。

■余分な中性脂肪を減らすためには運動も効果的

  • 脂肪燃焼をさせれば余計な中性脂肪も減らすことが出来る
  • 有酸素運動を長く続けることが効果的

食生活の改善をすることで体に吸収する中性脂肪のコントロールができます。
それと一緒に体内にある中性脂肪を減らすことも考えましょう。

中性脂肪が溜まってしまう原因には食べたエネルギーが消費されず、中性脂肪として
蓄積されてしまうこともあります。

つまりきちんと運動をして食事でとったエネルギーを消費すれば中性脂肪が余分に
体内にたまることがありません。

当然現在体内にある中性脂肪も運動をするためのエネルギーとして利用されるので
中性脂肪の数値を下げるためにも効果的です。

ただし運動なら何でも良い、というわけではなく中性脂肪を減らすために効果的な
運動というものがあります。

脂肪を燃焼させるためには酸素を取り入れながら長時間筋肉を動かすような運動
つまり有酸素運動が効果的です。

具体的には水泳や早足のウォーキング、軽いジョギング等の運動が良いと言われていて
これらを続けることが中性脂肪を減らすために良いそうです。

生活習慣の中に少しずつでもこれらの運動を入れることで中性脂肪を効果的に
減らすことが出来るようになります。

■生活習慣の改善が難しいならサプリメントの利用もおすすめ

  • 食事のバランスをとるためにサプリメントがおすすめ
  • 日常できる運動を心がけるのも効果的

中性脂肪が溜まってしまう原因などを確認してみると、確かに生活習慣の改善は
かなり大きな効果が期待できそうです。

特に食生活を改善することは中性脂肪の原因をコントロールするためにも重要です。
でも簡単にできるものでもありません。

そこで食事の栄養バランスを整えるためにサプリメントの利用もおすすめです。

食事で取りにくい栄養素をサプリメントで補給するとかなりバランスの取れた
食生活をすることが出来るようになります。

それに中性脂肪を直接下げる効果が期待できる栄養素もあります。
これをサプリで補給しても効果は期待できると思います。

それと日常的に出来る運動をすることでも中性脂肪を貯めこまなくなります。
通勤の時に階段を使う、1駅分歩くなどの簡単な運動でも効果が期待できます。

筋トレのような激しい運動はあまり必要ではないのですが、脂肪燃焼のためには
筋肉を動かすことが必要なのである程度の筋トレも取り入れることをおすすめします。

中性脂肪を減らすためにはやはり生活習慣の改善はかなりの効果が期待できます。
まずは手軽にできる方法から初めて、続けて出来ることを探して実践しましょう。

脂肪肝を治すためには中性脂肪を下げることが重要?

■脂肪肝を治すためにはどうすればいい?

  • 脂肪肝とはどんな状況のことを言う?
  • 日常生活の中で脂肪肝を治すことが出来る?

脂肪肝という体の異常を聞いたことがありますか?
その名前のとおりに肝臓が脂肪を多く取り入れてしまっている状態のことです。

元々肝臓には脂肪を分解する働きがあり、中性脂肪を取り込んで分解しています。
でもその肝臓に多くの脂肪がついてしまっている状態のことです。

フォアグラを思い出してもらうとわかりやすいのですが、あれが正に脂肪肝の状態で
脂肪が多くなりすぎると肝臓としての機能にも障害がでてしまいます。

この脂肪肝を治すためにはどうすれば良いのでしょうか?

病院などで治療をする他には治す方法はないのでしょうか?
家庭で治療中に気をつけることなどがあれば知りたいと思います。

脂肪肝と中性脂肪の関係を更に詳しく調べてみました。

■脂肪肝とはどんな状態のことを言う?

  • 肝臓の中に中性脂肪が多く含まれている状態のこと
  • 自覚症状がほとんど無い

まずは脂肪肝とはどのような状態のことを言うのでしょうか?
その名前のとおりに肝臓に脂肪が多く含まれている状態のことです。

元々肝臓には中性脂肪を分解する働きがあり、肝臓に中性脂肪が蓄積されます。
通常では3%くらいが脂肪なのですが脂肪肝になると5%以上が脂肪となります。

脂肪肝になると肝臓の機能が正常に働かなくなります。
つまり中性脂肪の分解などもしにくくなってしまうのです。

特にアルコール分解は肝臓の機能の中でも健康に直接関係するものです。
それができなくなるのは体にも大きな負担になってしまいます。

しかも肝臓はその機能が30%以下になるまでは自覚症状がないと言われています。
つまり脂肪肝になっている自覚症状がほとんどありません。

気がついた時にはかなり症状が進んでいるという場合も多いので健康診断などで
脂肪肝を注意された場合はすぐに対応をするようにしましょう。

では脂肪肝を治すためにはどうすれば良いのでしょうか?
脂肪肝の治療方法についても確認してみます。

■脂肪肝の治療方法とは?

  • 軽度の脂肪肝なら日常生活の中で改善できる
  • 脂肪肝を予防することができる栄養素を食事に取り入れる

中性脂肪を減らす薬はあるのですが、それを利用すると肝臓にかかる負担が大きいので
基本的にはかなり深刻な場合以外には投薬治療を行わないそうです。

それに軽度の脂肪肝なら日常生活の中で十分に改善することができます。

脂肪肝を治すためには脂肪肝になる原因を取り除くこと、余分な脂肪を貯めないことが
重要になります。

脂肪肝の原因は色々と考えられますが多くの方がアルコールのとりすぎから脂肪肝に
なることが多いようです。

それに食事が不摂生でバランスも悪く、余分な糖質や脂質を多くとってしまうと
脂肪肝になりやすいそうです。

まず脂肪肝の改善にはアルコールは厳禁です。
肝臓に負担のかかるアルコールを飲むことは辞めるようにしましょう。

それと中性脂肪の原因となる糖質と脂質をなるべく吸収しないようにすること。
食物繊維を摂ることで体に吸収せずに余分な脂肪を排出できるようになります。

それに貝類に多く含まれているタウリンには血液中のコレステロールを下げる働きが
期待できます。

それと同時に肝臓にある中性脂肪を排出させる働きにも期待が出来るのです。

この様に体に効果的な栄養素を含んでいる食物を積極的に食べることで脂肪肝を
改善することが出来るようになります。

■栄養バランスを摂るためにはサプリの利用もおすすめ

  • 食事で取りにくい栄養素をサプリで補給する
  • 中性脂肪を直接減らす栄養素もサプリで補給出来る

アルコールをやめて食生活の改善をすると脂肪肝の治療になることはわかりました。
でも食生活の改善は簡単にできるものでもありません。

特に必要な栄養素を含んだバランスの良い食事、というのはちょっと難しいです。
そこで手軽に利用できるサプリメントを使うこともおすすめです。

食事だけでは体内に入れにくい栄養素もサプリなら簡単に補給できます。
しかも中性脂肪を直接下げることが出来る栄養素などもサプリで補給できるのです。

タウリンの含まれた食物を積極的に取ることが難しいならサプリで毎日飲む
という方法もオススメできます。

中性脂肪対策には青魚に含まれる成分のEPAやDHAも効果的です。
当然これらも手軽に利用できるサプリメントが販売されています。

脂肪肝はそのままにしてしまうと肝硬変や肝臓がんなどになる場合もあります。
できれば早期に治療をして脂肪肝の解消と予防をするようにしましょう。

食物繊維には中性脂肪を下げる効果があるの?

■食物繊維には中性脂肪を下げる効果がある?

  • 食物繊維を取るだけで中性脂肪を下げることが出来る?
  • 食物繊維にはどんな効果が期待できる?

中性脂肪を下げるためには食生活を改善することが必要と言われています。
薬を使うと体にかかる負担が大きいので緊急の時以外にはあまり使われません。

でもどんな食事をすれば中性脂肪を下げることが出来るのでしょうか?

少し調べてみると、中性脂肪を下げるためには食物繊維が良いという口コミを
見つけることが出来ました。

整腸効果に関しては食物繊維の効果は多くの人が知っていると思います。
でも中性脂肪を下げるためにも食物繊維は効果的なのでしょうか?

食物繊維を取ることで中性脂肪を下げることが出来ならどんな取り方がよくて
他にどんな効果が期待できるのでしょうか。

食物繊維についてちょっと詳しく調べてみます。

■食物繊維と中性脂肪の関係とは?

  • 食物繊維は腸内の余計な脂肪分を体外に排出する
  • 胆汁酸の消化によりコレステロールを下げる効果もある

実際に食物繊維を取ることで中性脂肪を下げることが出来るのでしょうか?
直接的に中性脂肪を下げるのではなく、中性脂肪の材料が少なくなるそうです。

食物繊維には腸内の不要な成分を吸着して体外に排出させる効果があります。
吸着する物質には死亡の原因になる糖質や脂質があります。

この腸内の糖質と脂質を吸着して体外に排出するので脂肪のもととなる成分がなくなり
結果として中性脂肪が少なくなるというわけです。

直接中性脂肪を下げるわけではありませんが、中性脂肪が作られにくい状態にするという
効果が期待できるようです。

それに食物繊維には胆汁酸も吸着する効果があります。
この胆汁酸はコレステロールを分解する働きがあります。

新しい胆汁酸が多く分泌されるようになるのでコレステロールを減らす効果にも期待が
できるようになるのです。

コレステロールも中性脂肪と同様に血管の病気の原因になるものです。
その2つを同時に減らすことが出来るのでとても注目されているというわけです。

■腸内環境を整えることは中性脂肪を下げるためにも良い?

  • 便秘の解消は中性脂肪を下げるために効果的と言われている
  • 水溶性の食物繊維のほうがより効果的

食物繊維には成長効果があることはすでに多くの人がわかっています。
でも中性脂肪を減らすためにも便秘の解消がとても効果的なことは知っていますか?

元々食物繊維は町内にある善玉菌の栄養になるので善玉菌の活動を活発にして
整腸効果を高める働きもあります。

きちんと腸内環境が整っていれば食物繊維が吸着した脂質や糖質をすぐに体外に
排出させることができます。

便秘で腸内に残ってしまってはそこからトラブルが発生してしまうことも。
体に不要なものは体外に出してしまうことが一番です。

それと食物繊維には不溶性と水溶性の2種類があります。
野菜などに含まれているのは不溶性、改装などに含まれているのが水溶性です。

脂質と糖質の吸着は水溶性食物繊維の方が効率的なので中性脂肪を下げる効果に期待して
食物繊維を取る場合は水溶性食物繊維を中心に摂るようにしましょう。

海藻類にも豊富な栄養素が含まれていて中性脂肪を下げる効果以外にコレステロールにも
効果が期待されています。

不溶性食物繊維も色々な効果が期待できるので合わせて食べることがおすすめです。

■サプリを組み合わせると更に効果的

  • 直接中性脂肪を下げる効果がある栄養素をサプリで摂取
  • 続けられる食生活改善が中性脂肪には効果的

食物繊維には中性脂肪を下げるための効果が期待できるのはわかりました。
でも直接中性脂肪を下げることが出来る食物はないのでしょうか?

調べてみると青魚に含まれているEPAやDHAには中性脂肪を減らす効果があるそうです。
これを食べることで中性脂肪を下げることが出来そうです。

ただし青魚を食べ続けるのは難しく、青魚自体が苦手という方もいると思います。
そんな時にはEPAやDHAのサプリメントを利用しましょう。

元々EPAやDHAは中性脂肪を減らす栄養素としてとても注目されています。
その為にサプリとして多くのメーカーから販売がされています。

中にはかなり安く購入できる商品もあるので飲み続けるのに金銭的な負担が少なく
利用しやすい商品もあります。

食生活の改善で食物繊維を意識して取りながらEPAのサプリを使えば中性脂肪を
減らす効果は更に高くなります。

当然青魚を中心とした食生活にすることも中性脂肪を減らすためには効果的ですが
続けられる改善をすることが一番重要になります。

無理なく続けられる食生活にするためにもサプリを上手に利用してください。

食物を食べて中性脂肪を下げるには何を選べばいい?

■食物の中には中性脂肪を下げる栄養素があるって本当?

  • 中性脂肪を下げるために必要な栄養素とは?
  • どんな食物に多く含まれている?

中性脂肪は多くなると血管の病気の原因になります。
その為に健康診断などでも検査項目に入っています。

その数値が高くなってしまった場合は治療が必要になりますが、投薬での治療は
体に掛かる負担も大きいためにあまり行われていません。

実は中性脂肪を減らすことが出来る成分は食物の中に多く含まれていて、治療薬にも
利用されている成分があるそうです。

つまり中性脂肪を下げるためには効果的な食物を食べるように食生活を改善することが
とても高い効果が期待できるのです。

でもどんな栄養素がどんな食物に含まれていて、どれが中性脂肪に効果的なのでしょう?

中性脂肪を下げるために効果的な食物を詳しく調べてみます。

■直接中性脂肪を下げる効果がある食物とは?

  • 青魚に含まれているEPAとDHAに高い効果が期待できる
  • 調理方法によって失われてしまうので注意

中性脂肪を減らすことが出来る栄養素を探してみると青魚に含まれている成分が
効果的なことがわかりました。

それがEPAとDHAです、主に青魚の脂分に含まれています。

イワシや秋刀魚、サバやぶりなどの魚に多く含まれていて、実際にこれらの魚を
中心とした食事に変えると中性脂肪が下がったという報告もあります。

特にEPAは脂質異常症の治療薬の原料としても利用されているほどで、高い効果が
期待できる成分となっています。

でも調理方法によってはせっかくの栄養素がなくなってしまいます。
基本的には魚の油に含まれている成分なので焼き魚の場合は油が落ちてしまいます。

焼く時には衣をつけるなど工夫が必要となるので注意しましょう。

それと直接的に中性脂肪を減らすことが出来ませんが、中性脂肪を下げることを
補助してくれる栄養素も多くあります。

今度はそれらの栄養素が豊富な食物も確認してみましょう。

■中性脂肪を下げる手助けをする食物とは?

  • 抗酸化作用、脂肪の吸収を抑える働きなどは中性脂肪を増やさない
  • 脂肪を素早く体外に排出させることも効果的

直接中性脂肪を減らすのではなく、中性脂肪の原因を取り除いたり素早く脂肪を体外に
排出したりする効果がある食物も多くあります。

例えば大豆に含まれている成分には多くの健康に関する効果が期待されています。
大豆ポリフェノールなどは抗酸化作用が高く、体の中でコレステロールを減らします。

果物、特に柑橘系には血流を改善することが出来る成分が豊富に含まれているので
血液をさらさらにして中性脂肪を血管中に溜めないようにできます。

野菜などに含まれている食物繊維は脂肪を絡めとって体外に排出させる効果あり
中性脂肪を増やす原因を取り除くことができます。

それに海藻類にはフコイダンという血圧上昇をさせない効果が期待できる成分が
多く含まれていて血管へのダメージを軽減させてくれます。

この様に食物の中には多くの栄養素が含まれていて、それらを上手に利用すると
中性脂肪を増やさずに食事が出来るようになります。

結果的に中性脂肪を下げることができるようになるので、これらの食物も上手に
食事に取り入れるようにしましょう。

■食生活の改善と一緒に運動による消費も重要

  • 中性脂肪を下げる効果が期待できる食物中心に食生活を変える
  • 脂肪を燃焼させるために適度な運動も心がける

直接中性脂肪を減らすことが出来る食物、中性脂肪を減らす手助けができる食物など
これらを中心にした食生活にすることは数値を下げるためにはとても重要です。

でも食生活の改善だけでは中性脂肪の数値を下げることは難しい友いわれます。
それは脂肪燃焼のためには運動をすることが重要だからです。

中性脂肪は余分な脂肪が血管に流れてしまったものです。
つまり食事でとった糖質や脂質をきちんと消費することが必要になります。

中性脂肪を貯めないためにきちんと運動をして脂肪を燃焼させることが中性脂肪を
減らすためには必要になります。

そこで筋肉を長く動かし続ける有酸素運動を適度に生活に取り入れましょう。

脂肪燃焼をさせるためには筋肉を動かすことが一番効率的です。
有酸素運動は長時間筋肉を動かし続ける運動なので脂肪燃焼効果はとても高いのです。

具体的には早足のウォーキング、水泳、軽めのジョギングなどが有酸素運動です。
これらを生活に取り入れることで脂肪燃焼効率はかなり高くなります。

当然筋肉を動かすことで脂肪を消費するので適度に筋トレをして筋肉をつけることも
脂肪燃焼のためには効果があるといえます。

ただし筋トレなどの無酸素運動では脂肪燃焼効果はほとんどありません。
運動に仕方によって脂肪燃焼効果は違うので注意してください。

市販薬で中性脂肪を下げるものってあるの?

■中性脂肪を下げるための薬は普通に購入できる?

  • 医療機関に受診しなくても中性脂肪を下げる薬が買える?
  • 薬を使った治療には注意点もある?

中性脂肪を数値が高いままにしてしまうと、最悪の場合は命に関わる病気になる事も。
その為には日頃からの注意が必要になります。

脳卒中や心筋梗塞などの病気の原因には中性脂肪やコレステロールが考えられていて
これらの病気が気になる場合はやはりすぐに中性脂肪を下げるべきです。

でも中性脂肪を下げる薬は医療機関への受診をしないと購入が出来ないと聞きました。
実際に普通の市販薬で中性脂肪を下げることが出来ないのでしょうか?

医療機関の受診をする時間がない場合は街のドラッグストア等で薬を購入して
それを服用することができればとても手軽な気がします。

中性脂肪を下げる薬には使用上の注意点などがあるのでしょうか?

中性脂肪を下げる薬について詳しく調べてみました。

■中性脂肪を下げる市販薬ってある?

  • 処方箋無しで購入できる市販薬がある
  • 2つのメーカーから取り扱いが始められている

実は中性脂肪を下げるための市販薬は実際に販売されています。

2013年に国の認可が出て、今まで医療機関で取り扱われていた商品が販売できるように
なりました。

そして大手メーカー2社から市販薬として販売が開始されています。
それがエパデールTとエパアルテです。

エパデールTは大正製薬から、エパアルテは日水製薬から販売されています。
どちらも脂質異常症の治療薬として使われていた薬のスチッチOTCです。

スイッチOTCとは医薬品として販売されてきた薬が市販薬としてスイッチした商品で
主成分やその分量などは変わらずに販売されています。

ただしこれらの市販薬は販売するための条件などがとても厳しく、現在でも
全国どこでも購入できるというわけではありません。

購入できる店舗についてはそれぞれの製薬会社の公式サイトから探すことができます。
それに購入する時にも注意点があるそうです。

中性脂肪を下げるための市販薬について更に詳しく調べてみます。

■中性脂肪を下げる薬を使う条件とは?

  • 20歳未満の人に販売できないなどの条件がある
  • 薬剤師との対面販売が必要なので販売できるところが限定されている

まずは市販薬の販売条件について調べてみると20歳未満の人には販売できない
と明言されていました。

その他にも仕様を禁止している人、使い方がかなり細かく記載されています。
体にはかなりの影響が出るようで、色々と欠かれていました。

まず出血している人の利用は基本的に禁止されています。
血友病、毛細血管脆弱症、消化管潰瘍、尿路出血などの症状がある場合は使えません。

理由としては止血が困難になるため、血液の流れを促進させる働きが薬にあるので
血が止まらなくなる可能性があるためのようです。

当然妊娠が疑われる人、妊娠中の人、授乳中の人も利用できません。
これは動物実験で胎児に影響が確認されていて、母乳にも成分が混ざるためです。

それに現在はまだ正式に全国販売が許可されていないようで、薬剤師との対面販売が
義務付けられています。

つまり薬剤師がいる店舗以外では購入できないのが現状です。

全国販売の条件としては300例以上の治験データが必要となっています。
それまでは購入できるところはかなり限定されそうです。

■市販薬としてはかなり高額なのでコスト的にも厳しい

  • どちらの薬も1ヶ月分で5,800円
  • サプリと運動で下げることもおすすめ

実際に販売されている金額を見てみると、どちらの市販薬も42包入りで5,800円。
1日3回の服用なので30日分でこの金額です。

毎日使う市販薬としてはかなり高額な料金となってしまいます。
場合によっては処方箋をもらったほうが安い可能性も・・・

医療機関の場合は診察代金などもあるのでどちらが良いとも言い難いのですが
とにかくコストがかなり掛かるという印象です。

それならば同じように毎日続けることで効果が期待できるサプリメントの利用も
考えてはいかがでしょうか。

中性脂肪を下げる効果が期待できるEPAのサプリなら1ヶ月約1,000円くらいです。

効果が市販薬ほど過ぎに実感できるわけではありませんが続けて利用することには
あまり負担がかかりません。

それと中性脂肪を下げるためには運動がとても効果的です。
特にゆっくり長時間できる有酸素運動は脂肪燃焼効果が高くおすすめです。

市販薬を使うことですぐに中性脂肪の数値を下げることは出来ますが、その場合は
体に掛かる負担もそれなりに大きくなります。

コスト面でも負担が大きいのでできれば食生活の改善と運動で中性脂肪を下げることを
おすすめします。

どんなレシピで食事を作れば中性脂肪を下げることが出来る?

■薬に頼らずに食事で中性脂肪を下げるためには?

  • 食事だけで中性脂肪を下げることが出来る?
  • 中性脂肪を下げるレシピとは?

会社で健康診断を受けた時に医師から中性脂肪の数値を注意されました。
かなり高くなっているようですぐに下げないと血管の病気になると言われました・・・

色々と説明を聞いてみると確かに薬を使えばすぐに下げることが出来るのですが
当然薬をやめてしまうと元通りになることも多いようです。

そこで薬に頼らずに食事の改善で中性脂肪を下げることを決めました!

食生活の改善は中性脂肪、コレステロールの両方を下げる効果が期待できます。
それに体に掛かる負担もなく、数値が再び上がることも少ないと聞きました。

ただ、どんな食事をすれば中性脂肪を下げることが出来るのかがよく分かりません。
そこで中性脂肪を下げることが出来る料理のレシピを探してみます。

まずはどんな食材が中性脂肪に効果的なのかを確認してみましょう。

■中性脂肪を下げることが出来る食材とは?

  • 直接中性脂肪に働きかけることができる食材とは?
  • 中性脂肪を下げる手助けをする食材とは?

中性脂肪とは簡単に言うと血液中にある余分な脂肪分のことです。
血液の汚れのようなもので多くなりすぎると血管が詰まる原因となります。

中性脂肪が増えることでコレステロールの分泌も多くなるので血管にとっては
かなり大きなダメージが蓄積されることもあります。

この中性脂肪を直接減らすことが出来る栄養素がEPAとDHAです。
これらは青魚に多く含まれている成分として注目されています。

サバ、秋刀魚、イワシ、ブリなどに含まれているのでこれらの魚を中心に食べると
中性脂肪を減らすことが出来ると考えられています。

それに中性脂肪を減らすための手助けをする栄養素もあります。
食物繊維は町内の余分な脂肪を体外に排出する効果があります。

余分な脂肪がなくなれば当然中性脂肪を減らすことができます。

食物繊維の他にも脂肪の燃焼を助けるトマトの成分や中性脂肪抑制効果のある
ポリフェノールなども食事に入れると効果的です。

では実際にこれらの栄養素を効果的に取ることが出来るレシピを探してみます。

■中性脂肪を下げることが出来るレシピとは?

  • 魚中心のレシピにすると中性脂肪を下げられる
  • きのこ、野菜、お茶なども効果的

トマトには抗酸化作用が来た出来るリコピンなども豊富に含まれています。
これと青魚を合わせたレシピなら中性脂肪にもかなりの効果が期待できます。

魚に含まれるEPAとDHAは殆どが油に含まれているので焼き魚にすると
せっかくの栄養素が流れだしてしまいます。

そこでトマトと一緒に煮込む鯖のトマト煮などが中性脂肪に効果的です。

青魚のアレンジとしてはイワシのチーズ焼きサバのパン粉焼きなど魚をコーティングして
焼くと脂が流れ出さないのでおすすめ。

中性脂肪を下げる手助けをする栄養素を多く含んでいる野菜やお茶、きのこ類なども
上手にレシピに取り入れると更に効果が期待できます。

お茶の場合は食事と一緒に飲むことで脂肪の吸収を抑えることが出来る烏龍茶も
良いのですがお茶をご飯と一緒に炊く茶飯などもおすすめです。

最近ではレシピ検索専門サイトなども充実しているので中性脂肪を減らすための
レシピを検索してみるのもいいと思います。

■サプリと運動も効果的に利用する

  • 食事だけで栄養補給が厳しいならサプリもおすすめ
  • 運動をして脂肪を燃焼させることも重要

食事を改善することで余分な脂肪の吸収を抑えて中性脂肪を減らすことが出来る
というのはわかりました。

でも中性脂肪を減らすための食事を長く続けることはちょっと大変そうです。

特に中性脂肪を下げるためには長く続けることが重要ですが、青魚を食べ続けるのは
流石に大変です。

そこで青魚の成分をサプリメントで取るという方法もおすすめします。
サプリなら手軽に必要な栄養素だけを取ることが出来るようになります。

最近ではEPAとDHAのサプリメントもかなり多くのメーカーから販売があります。
その中から自分にあった商品を選ぶことができるようになっています。

それに脂肪を燃焼させるためには有酸素運動も効果的です。

中性脂肪は余分な脂肪なので、食事でとった脂肪分をしっかりと運動して
エネルギーに変えることで中性脂肪を減らすことができます。

脂肪を燃焼させるためには有酸素運動が効果的で、水泳や速めのウォーキングなどが
おすすめです。

中性脂肪を減らす栄養素と運動を組み合わせることで自然に中性脂肪を減らすことが
できるようになるはずです。

DHCのサプリは中性脂肪を下げる効果が期待できる?

■中性脂肪を下げるためにはサプリを利用するのが良い?

  • 効率よく中性脂肪を下げるにはサプリが効果的?
  • DHCのサプリの口コミはどう?

中性脂肪は血液中に悪玉コレステロールを増やしてしまい、血液の流れを悪くするなど
多くのトラブルの原因になります。

中性脂肪自体も多くなりすぎると動脈硬化などのトラブルの原因になるので会社の
健康診断などではかなり注目されています。

数値が高くなりすぎると命に関わる病気が起きる可能性が高くなるので薬による
治療を薦められることがあるほどです。

でも薬を使うことで体に掛かる負担は大きくなり、更に別の体のトラブルが
発生する可能性も。

そこで薬を使わずに中性脂肪を下げる方法として注目されているのがサプリメントです。

中性脂肪を下げる効果がある栄養素をサプリで摂ることで投薬による体の負担をなくし
命にかかわるトラブルの解消をすることが出来るようになります。

それにサプリメントを使えば食事で取る栄養素のバランスをとることもできます。
偏った食生活の改善も中性脂肪を下げるためには効果的です。

そんな中性脂肪に効果的なサプリメントを探してみるとDHCという会社から多くの
サプリメントが販売されていることがわかりました。

そのサプリメントの口コミをちょっと調べてみました。

■中性脂肪に効くサプリメントの種類とは?

  • 青魚の成分、EPAとDHAが効果的
  • DHCから販売されているサプリメントの口コミは?

中性脂肪を下げる効果があると言われているのは青魚に含まれている成分の
EPAとDHAです。

サバや秋刀魚、イワシやブリなどに多く含まれている成分ですが青魚が苦手な方には
かなり取ることが厳しい栄養素でもあります。

それに調理方法によっては食材からなくなってしまうこともあるのでサプリメントで
効果的に摂ることが手軽でおすすめです。

DHCではこれらの成分、それぞれが単品で取り扱われていました。

まずはEPAの口コミを確認してみます。
実際に利用した方の感想は確かに効果が実感できたというものがありました。

ちなみにDHCが取り扱っているEPAにはDHAも含まれているのでこれだけでも
かなり効果的に中性脂肪を減らすことが期待できます。

ただし効果が実感できるのはやはり続けて飲んでいる場合で、1ヶ月程度で効果を
実感できた方は少なく3ヶ月程度が必要という場合もありました。

でもDHCのサプリメントはコストパフォーマンスの良さがとても人気となっています。
1ヶ月分で約1,000円以下という金額がとても評判となっていました。

サプリメントは続けることで効果が期待できる商品です。
その為にコストが高すぎる場合は続けるのが難しくなってしまいます。

その点では手軽に利用できて続けやすいDHCのサプリメントはかなり評価が高い
サプリメントとなっていました。

■DHAのサプリメントも高い効果が期待できる?

  • コスト面ではやはり評価が高い
  • 血圧の安定などを実感する方が多い

もう1つの商品DHAの口コミも見てみます。
こちらはDHA単品のサプリメントですが、多くの方が利用しているようです。

大手の美容商品口コミサイトで調べてみると実際に利用している方の評判はかなり良く
クチコミ件数も多くみることが出来ました。

実感できた効果を見てみると血圧が安定するようになった、血液サラサラになったなど
確かに血液中の効果が実感できる方が多いようです。

その他には頭がすっきりするようになった、集中力が上がった気がするなどの効果も
多くの方が実感できているようです。

こちらの商品も30日分で1,100円程度とかなり安く購入することができます。
DHCの商品はコストパフォーマンスの面でとても人気があるようです。

■複数のサプリメントを使うならDHCがおすすめできる?

  • 中性脂肪に効果的な栄養素は他にもある
  • 魚が苦手な方にもおすすめできる低価格のサプリメント

実際にDHCの商品の口コミを見てみると確かに効果が実感できたという方が多く
実際に使い続けることを考えても低価格で使いやすいサプリだと思います。

特にDHCでは多くのサプリメントを色々と販売しています。
中性脂肪に効果的な栄養素もEPAなどの他にナットウキナーゼなどもありました。

青魚が苦手な方、納豆が苦手な方など食材がダメな場合でもサプリメントなら
大丈夫な可能性は高いと思います。

それらの栄養素と食事を組み合わせることで更に効果的に中性脂肪を減らすための
食生活改善をするためにもサプリメントはおすすめです。

特にDHCのサプリメントは低価格で購入しやすいのがとても魅力的です。

中性脂肪を減らすためにサプリメントの利用を試してみたい、という方には
まずDHCのサプリメントを続けて使ってみることをおすすめします。

お酒を飲んでいると中性脂肪を下げることが出来ない?

■中性脂肪を下げるためにはお酒を飲んではいけない?

  • アルコールには中性脂肪を上げる効果がある?
  • 中性脂肪を下げることが出来るお酒はある?

健康診断では肝臓の数値なども医師に注意される事が多くあります。
肝臓への負担は多くの体のトラブルの原因になるからです。

それと一緒に中性脂肪やコレステロールの数値についても注意をされることが多く
その関係性にも最近では注目が集まっています。

特に中性脂肪が多くなるとコレステロールを分泌しやすくなり、アルコールの
摂取量が多くなると中性脂肪も多くなると言われています。

本当にお酒を飲んでしまうと中性脂肪を下げることは出来ないのでしょうか?

お酒は体に悪い効果しかない、というわけではないと思うのですが・・・
そこでアルコールと中性脂肪の関係について詳しく調べてみました。

まずはお酒を呑むことで中性脂肪が増えるのかを確認してみます。

■お酒にはカロリーがある?無い?

  • 蒸留酒にはほとんどカロリーがない
  • アルコールを分解している時には脂肪の分解ができない

まずはアルコールが体内に入っている時に中性脂肪とはどんな関係になるのか。
アルコール分解と中性脂肪の関係について確認してみます。

基本的にアルコールにはカロリーがないと言われていますが、それは本当でしょうか?

実際にほとんどカロリーのないお酒もあります。
蒸留酒にはほぼカロリーがありません。

ウィスキー、焼酎、ウォッカ、ラム、バーボンなどの蒸留酒にはカロリーはほとんど無く
飲んでも脂肪に変わるような糖質が体内に吸収されません。

ただしこれらのお酒に果実や糖分を入れて作ったお酒には当然カロリーがあります。
更に元々糖質が多いお酒も多くあります。

ビール、日本酒、ワインなどの醸造酒にはカロリーが多く含まれている場合が多く
これらを大量に飲むことで脂肪がつきやすくなります。

それにアルコールが体内に入ると肝臓はそのアルコールを分解するためにほとんどの
機能を使ってしまいます。

その為に脂肪を分解することができなくなり、アルコールと一緒に食べた食物は
そのほとんどが死亡になってしまうのです。

アルコールが完全に分解されるまでは少なくても4時間以上が必要で、大量に飲めば
当然それ以上の時間がかかることになります。

この間に食べたものは多くが脂肪としてからだのに溜まってしまうのです。

■お酒は中性脂肪に関しては悪いことしか無い?

  • 適量のアルコールなら体を温めて脂肪燃焼効果をあげる
  • ポリフェノールの多いお酒には中性脂肪を減らす効果も期待できる

アルコールには中性脂肪を揚げるための要素が多くあることがわかりました。
でも本当にお酒には中性脂肪に悪いことしか無いのでしょうか?

実は脂肪燃焼をさせるためには体が温まっている方が良いと言われています。
そのために適量のお酒を飲むことで体を温めることは脂肪燃焼効果を上げてくれます。

飲み過ぎると当然体に多くの負担がかかりますが、元々適量のアルコールは
体には良い効果が期待できるとも言われています。

軽い晩酌程度のお酒なら十分に健康的な効果が期待できると思います。

それにワインは醸造酒なのでカロリーがあるのですが、赤ワインには豊富な
ポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールには中性脂肪を下げる効果が期待できるので、適量の赤ワインなら
中性脂肪にも効果が期待できるとも言われています。

確かにお酒を呑むことは体に掛かる負担も大きいのですが、適量を飲むことでは
それなりに体にいい効果を期待することも出来るのです。

ただし飲むお酒の量と種類には十分に気をつける必要がありそうです。

■休肝日と適度な運動をすることで脂肪燃焼を手助けする

  • 肝臓を休める日を作ると効果的
  • 運動で脂肪燃焼をすると肝臓の負担も減る

アルコールの分解をする、脂肪燃焼を手助けするなど肝臓には多くの働きがあり
それを常に行っていては負担が大きくなりすぎます。

そこで適度なアルコール量にする以外にも肝臓をきちんと休める日を作ることが
結果的に中性脂肪を下げることにもつながります。

肝臓の機能を正常に働かせるためにもアルコールの分解をさせない日、つまり休肝日を
作ると効果的と言われています。

また肝臓の機能をサポートするために脂肪燃焼は運動ですることが重要です。

長時間の有酸素運動は体内の脂肪を大きく燃焼させることができます。
当然中性脂肪を減らすためにもかなりの効果が期待できます。

激しい筋トレではなく早足程度のウォーキングや水泳などゆっくりと長時間の
運動が出来る方が脂肪燃焼効果が高くなります。

お酒と上手に付き合うことが中性脂肪を減らすことにもなるのです。